« スーパー・コーラス・トーキョー特別公演    ゆっくりゆっくりのブルックナーの「テ・デウム」 「レヴィン版」のモーツァルトの「レクイエム」には違和感 | トップページ | ベラ・チャスラフスカさん 驚きの来日を喜ぶ   お元気で良かった »

2011年10月12日 (水)

第78回 NHK 全国学校音楽コンクール    心を積み重ねていくといふこと~歌がある限り

毎年恒例の「NHK全国学校音楽コンクール」2011年大会の
全国大会が10月8日に高等学校、9日に小学校、
10日に中学校の各部門の生中継がEテレであったが、
いずれも所用で外出していて直には聴けなかった。
しかし、有難いことに下記のURLでその全ての様子が見、聴ける
ので助かった。

  http://www.nhk.or.jp/ncon/

小学校、中学校、高等学校それぞれの出場校の課題曲と自由曲の
演奏が全てアップされている。
そして、各、金銀銅賞の発表と表彰の後に行われる恒例の
出場校全員での課題曲の合唱シーンが一番の見どころ、
聴きどころ=楽しみでもあるのだ。


課題曲

小学校の部  「ぼくらは仲間」
         作詞;やなせたかし 作曲;鈴木憲夫

中学校の部  「証(あかし)」
         作詞;山村隆太 作曲;阪井一生(加藤昌則 編曲)

高等学校の部 「僕が守る」
          作詞;銀色夏生 作曲;上田真樹


各部門それぞれの最後の全体合唱
http://www.nhk.or.jp/ncon/on_the_web/index.html


こういう状況だからといって贔屓する気はないにしても、
合唱で有名な福島県、あるいは岩手県などの出場校の様子や
結果はやはり気になった。

中学校の部では、
常連でもある郡山市立第二中学校が金賞受賞に加え、
福島第一中学校が銅賞を受賞した。

高等学校の部でも宮城県三桜高等学校が銅賞を受賞した。


若い彼らの歌声こそ希望そのものである。
信頼関係の中で磨きあげてきた練習の成果を、純粋な心で
歌い表現する彼ら彼女らに心が洗われる。
合唱はすぐに成果は出てこない。
また自分たちの周辺の世代だけでも、表出されたレベルには
おのずと限界がある。
それを超えていくものは、長い年月を重ねた先輩後輩らを含めた
伝統の中に息づかれていくものでもある。

若い歌声こそ希望そのものである。


参考

小学校の部
金賞 星美学園小学校    (関東甲信越 東京都)
銀賞 目黒区立油面小学校 (関東甲信越 東京都)
銅賞 日野市立七生小学校 (関東甲信越 東京都)
    神戸市立住吉小学校 (近畿 兵庫県)

中学校の部
金賞 郡山市立郡山第二中学校 (東北 福島県)
銀賞 豊島岡女子学園中学校   (関東甲信越 東京都)
銅賞 福島市立福島第一中学校 (東北 福島県)
    清泉女学園中学校     (関東甲信越 神奈川県)

高等学校の部
金賞 宮崎学園高等学校        (九州 宮崎県)
銀賞 千葉県立幕張総合高等学校  (関東甲信越 千葉県)
銅賞 宮城県仙台三桜高等学校    (東北 宮城県)
    武庫川女子大学附属高等学校 (近畿 兵庫県)

« スーパー・コーラス・トーキョー特別公演    ゆっくりゆっくりのブルックナーの「テ・デウム」 「レヴィン版」のモーツァルトの「レクイエム」には違和感 | トップページ | ベラ・チャスラフスカさん 驚きの来日を喜ぶ   お元気で良かった »

ブログ HomePage

Amazon DVD

Amazon 本

最近のコメント

最近のトラックバック