« 映画 「シャンハイ」 | トップページ | 3.11~9.11 原発は夢物語的 商業利用   愚かなる失敗実験 「原発テロ」は起こり得る »

2011年9月11日 (日)

危機感ゼロ 鉢呂 経産大臣の辞任は当然  使命感のない 言葉の軽い人間が多すぎる

福島を視察した鉢呂吉雄 経済産業大臣が東京に戻った際、
記者団に、「放射能がついてるよ。(君らに)つけちゃうよ」
と発言したことで責任をとり辞任した。当然である。

「危機意識のなさ」。これに尽きる。大臣になったことを
「出世、名誉」としか考えず、その責務の重大さも使命感も
全く無い人間が就任したとしか思えない。

この状況下でこの発言というのは失言というレベルではない。

 「大臣辞任というより、国会議員を辞職すべきである」

もっと言うと、

 「日本人であることをやめてもらいたい」

 「武士社会だったら、絶対に切腹ものだ」

そのくらいの内容だ。

僭越ながら、もし私が総理大臣だったら、
  「即刻 罷免、解任した」と思う。

実際、今回の「辞任」はたぶんそれに近いのではないか、
と想像する。
野田さんは真面目そうだから、激怒し、

  「解任したいが、武士の情けです。
   辞表を提出してください」

そういう働きかけがあったと考えるほうがむしろ自然に思える。


それにしても「言葉が軽い人間が多すぎる」。

「怪しいお米、セシウムさん」に関して、何週間か前、
桂三枝さんが日経新聞夕刊のコラム欄で、
「笑いの解るテレビマンがいなくなってきた」と指摘していた。

 「良質な、良識のあるユーモアと、
  絶対に言ってはならない冗談との差、違い」を理解できない、
 そういう低レベルな人間が業界を問わず増えているのでは
 ないか?

議員宿舎をラブホ代わりに利用して浮気不倫をした
民主党の中井 洽(なかい ひろし)元 国家公安委員会委員長や
自由民主党の 後藤田正純 衆議院議員。

言葉の軽い人間や、行動の軽い人間。モラルの失墜した国家。

「使命感のない、おめでたい人間」が増えている以上、
 日本が衰退するのは当然の理だ。


  「死のまち」発言について

ただ、鉢呂氏が原発周辺を視察した際の、
「市街地は人っ子ひとりいない、正に『死のまち』という形だった」
という発言に対して非難が起きているのはおかしい。
彼の率直な感想は重要で、だからこそ「つけちゃうぞ」という
小学生みたいな発言とのギャップは残念だ。

「死のまち」は、むしろ、それを政治家たちが一層強く意識し、
認識すべきことだと思う。

近々書くが(少しだけ前振りすると)、
原発の10キロ周辺に居た人々は今後永久に戻れません。
少なくとも「3.11」前と同じ生活は永久にできません。
このことを政府はようやく少しずつではあるが言いはじめたし、
新聞投書にも「もう(帰えれるという)期待を持たせることは
やめてくれ」というものも出始めているので、
少しずつ認識が広まりつつあるが、しかし、関東以西を
中心とした国内の7割くらいの国民はまだまだ
「福島原発は終息、収束し、市民は元の生活に戻れるだろう」
とボンヤリと想像しているだろうが、
 残念ながらそれは 100%無い です。

それが、それこそが原子核融合による放射能の飛散の行き着く先、
ということだからです。

鉢呂某は、重責の立場にいるももかかわらず、私が今書いたことの
10分の1すら理解できてないと想える。
  「政治家よ、遊んでいないで もっと勉強しろ」

« 映画 「シャンハイ」 | トップページ | 3.11~9.11 原発は夢物語的 商業利用   愚かなる失敗実験 「原発テロ」は起こり得る »

ブログ HomePage

Amazon DVD

Amazon 本

最近のコメント

最近のトラックバック