« 電力料金値上げに断固反対 絶対に許さない  「盗っ人 猛々しい」 「泥棒に追い銭」 に等しい | トップページ | もう一度 facebook の 「いいね!」 について »

2011年9月 6日 (火)

レチートラさん 若く有望な音楽家の事故死を悼む

テノールのサルバトーレ・レチートラさんがスクーター運転中の
激突事故により意識不明となり、9日間の昏睡状態の後、
残念ながら逝去された。
この9月のボローニャ歌劇場の来日公演でも同行来日予定だった。

私は氏について 詳しくは知らない。
テノールにしては派手さよりも端正で折り目正しい歌唱
という印象があるが、氏について感想を書くとしたら、
後日もっと勉強してからにしたい。


ここでは、過去に、30代や40代なので、正に「これから」
というときに、惜しまれつつ急逝され、しかしそれでも
残された録音を通して今なお世界中に多くのファンがいる
音楽家について数人記しておきたい。


 ディヌ・リパッティ (ピアニスト) ルーマニア人
   33歳 悪性リンパ腫

 ジャネット・ヌヴー (ヴァイオリニスト) フランス人
   30歳 飛行機事故
    ※ なお、この飛行機には、エディット・ピアフの恋人で
     ボクサーのマルセル・セルダンも搭乗していた。

 デニス・ブレイン (ホルン奏者) イギリス人
   36歳 交通事故

 フランツ・ヴンダーリッヒ (テノール歌手) ドイツ人
   35歳=あと9日で36歳になるところ
   友人の別荘の階段からの転落死

 イシュットヴァン・ケルテス (指揮者) ハンガリー人
   43歳 海で水泳中の溺死

 ジャクリーヌ・デュ・プレ (チェリスト)  イギリス人
   42歳 多発性硬化症
   42歳といっても、病気のため28歳のときには
   全くチェロが弾けなくなってしまったのだった。
   それでも、録音されたエルガーの協奏曲は、彼女以降、
   まだ誰も彼女の演奏を凌駕できていないと思う。
   ジャッキーよ、永遠なれ。

レチートラさんと先人たちにあらためて合掌。

« 電力料金値上げに断固反対 絶対に許さない  「盗っ人 猛々しい」 「泥棒に追い銭」 に等しい | トップページ | もう一度 facebook の 「いいね!」 について »

ブログ HomePage

Amazon DVD

Amazon 本

最近のコメント

最近のトラックバック