« CD カウフマン 「ロマンティック・アリアス」    ドイツ人カウフマンはイタリア語の歌が良い でも「キャンセル3連続」では評判落としますね | トップページ | 相変わらずキレイな 飯島直子さん in 青森県  NHK 「鶴瓶の家族に乾杯」 より »

2011年9月20日 (火)

「さようなら原発」デモ 6万人(主催者発表) と 2万7千人(警視庁発表)の違いは何か? 「違い」についてマスコミか警察は説明せよ

9月19日に行われた「さようなら原発1000万人アクション」
プロジェクト主催の大規模なデモは、

 当日の警視庁の発表では、参加者数は「約2万7千人ほど」
 としている。

 翌日、主催者が発表したデモ参加者数は、約6万人であり、
 新聞も「一応」その数を(主催者発表として)伝えていた。

   「あまりにも差異がありすぎる。違いが大き過ぎる」

    「なぜなのか?」

主催者側が多めに言うことはあるだろう。同じ「理屈」で、
「警察側は少なく公表しているに違いない」ことくらい
中学生にだって理解できる。

こういう点こそ、テレビや新聞が「なるべく事実に近い数字」を
 「調べるのがマスコミの仕事」だと思う。


  【テレビ報道に文句】
このデモに関する当日=19日のテレビの報道、少なさすぎ。
 こんな重大な民主的アクションについて、各局とも
 驚くほど「及び腰」で、

「よほど電力会社に逆らえない<何か>があるのではないか?」

と勘繰りたくなるほど少なかった。

放送しているのはしょうもないニュース~例えば
大半の国民に関係ないアイドルのゴシップニュース等~や、
意味の無いお笑い芸人によるトークといった程度。

本当に心底、

  「テレビの(役割を果たす)時代は終わった」

という感を強くした。

« CD カウフマン 「ロマンティック・アリアス」    ドイツ人カウフマンはイタリア語の歌が良い でも「キャンセル3連続」では評判落としますね | トップページ | 相変わらずキレイな 飯島直子さん in 青森県  NHK 「鶴瓶の家族に乾杯」 より »

ブログ HomePage

Amazon DVD

Amazon 本

最近のコメント

最近のトラックバック