« Facebookの修正はいとも容易なはずである | トップページ | ヒロシマからフクシマへ »

2011年8月 7日 (日)

スタンダード&プアーズ社の英断に驚く

私は昔から「格付け会社」などというシロモノ自体を
全く信用してない。
1つの見解に過ぎないと思っている。
企業評価にして国債等債券の評価など、個々にはある程度
当たっているものもあるだろうけれども、そうでないものも
「相当数」あるはずである。

ただ、今回の、スタンダード&プアーズ社によるアメリカ国債
に対する史上初の格下げには驚いた。
たぶん、その情報を事前に知ったであろうCIAやFBIや諸々の
アメリカ内偵機関から情報を得た政府や金融機関等からは
同社に対して相当の「圧力」がかかったであろうと想像するし、
あるいは少なくとも今後、同社に対する「相当な
締め付け=嫌がらせ」が行くと容易に想像できる。

それにもかかわらず、「格下げ」に踏み切ったという同社の
「信念と覚悟」には常識的な一般論的な範囲と意味合いにおいて
敬意を捧げるにやぶさかではない。

« Facebookの修正はいとも容易なはずである | トップページ | ヒロシマからフクシマへ »

ブログ HomePage

Amazon DVD

Amazon 本

最近のコメント

最近のトラックバック