« 所得隠しは みっともない | トップページ | 電力供給量という名の母数任意操作表示虚数 »

2011年7月12日 (火)

Twitter の他 Facebook も開始してみました

Twitterは3.11以降、必要あって登録しているが、
どちらかと言えば私は
 「つぶやき」よりも、じっくり文を考えて書くタイプ」だから、
やはり「ブログ派」である。

でも、それこそ先の震災時などの緊急時や、
東京電力の株主総会を実況中継に近いかたちで伝えて
くれた郷原信郎さんの例のように、利便性という点では
ITツールの中でもっとも有意義で力を発揮するのは
ツィッターかもしれない。

フォローしようとしているのは会社関係を別とすれば、
嘉目真木子さん、孫 正義さん、郷原信郎さん、東 浩紀さん、
勝間和代さんといったところ。


FaceBook
加えて、最近、若い人の間ではいつのまにかフェイスブックが
浸透してきていることを偶然知ったこともあり、登録、開設
してみた。
もっとも「顔」は別に自信(?)があるとか無いとかではなく、
単に「面倒くさい」という理由から未だ掲載していない。

やってみて驚いた。
所属するオケの人ももちろん何人かいるが、
久しく出ていない人や他団に移った懐かしい後輩などの
近況が知れて面白い。

しかし、一番驚いたのは友人を検索する際、
 「知り合いかも?」という欄に登場してくる面々だ。
関心ある事柄の記載欄に「クラシック音楽」としたためか、
クラシック音楽関係者がたくさん出てくる。
もちろん直接知っている人も結構出てくるのだが、
そうではなく例えば有名なアーティストで私とは未だそれほど
親しくない人に「友だちになる」のリクェスト送信を
してよいかどうかは躊躇(ためら)うし、中にはジャンルを問わず
直接の面識はない有名人も多く掲載されていてビックリする。

例えばIT業界で知らぬ人のいない成毛眞さんとか、
歌手+俳優の西郷輝彦さんとか俳優の渡辺裕之さんとか。

音楽家ではヴァイリンの渡辺玲子さんとか川久保賜紀さん
とか、更に指揮者ではディビット・ジンマンさんとか、
大家のロリン・マゼールさんとかが登場してくるが、さすがに
「友だちになるリクェスト送信」なんてできるものでない。

これには本当に驚いたが、こうした地球のどこにいる人とでも
やりとりができることが、先の中東での大きなデモにつながった
のだし、日本で最近、頻繁に生じている「反原発デモ」について
なぜかマスコミはあまり報道しないが、そうしたデモが
ツィッターやフェイスブックを介して新規参加者の増加に至って
いることが実感として納得できた次第だ。

« 所得隠しは みっともない | トップページ | 電力供給量という名の母数任意操作表示虚数 »

ブログ HomePage

Amazon DVD

Amazon 本

最近のコメント

最近のトラックバック