« 「田舎に泊まろう! スペシャル」        欽ちゃんらが再訪 東北被災地の現実と再会 | トップページ | 海にきらめく珠玉のチャリティガラコンサートⅨ »

2011年7月18日 (月)

なでしこジャパン 最高のステージの中の笑顔

凄い試合だった。
アメリカは確かに強かった。パワーだけでなく、技術も凄かった。
しかし、試合開始直後からの驚くべき怒涛の攻撃のパワーに
圧倒されながらも、アメリカは打つシュート打つシュート
ことごとく全て外していた。

もちろんそれだけ「なでしこ」がよく守っていたということ
なのだが、アメリカは明らかに点を取ることに焦りすぎていた。
前半だけでも数点取れるところを全て外していた。
日本が押されているにもかかわらず、
 「焦りすぎているなあ、どうしたのだ アメリカ?」
とさえ思ったほど。

結局このことがこの日のアメリカチームの全てを象徴していた
のだということが最後のPK戦ではっきりした。
素晴らしい実力を有するアメリカだが、
「焦り」はPK戦まで続いたのだった。

後半にアメリカが先制。
すばやい展開と走力からの見事な先制キックで、
アメリカの実力が見れた瞬間だったし、アメリカは「勝った」と
思っただろう。ところが宮間選手がうまく押し込み同点。

90分では決まらず、延長戦の前半15分内にとうとう
ワンバック選手の得意なヘディングシュート。
機械のように正確で「当たり前のように」決められた。
このときこそ、アメリカは「勝った」と思ったかもしれない。

延長後半の15分内のそれもそろそろ終わりかけてきた12分に
宮間選手のコーナーキックから澤選手が「どこに当てたのか?」
と、「まるでマジックのような見事なゴール」で同点。
右足右サイドに当ててのゴールであることが後で判った。

諦めかけていた状況に「マジかよう」と感嘆し、興奮は頂点に。


PK戦は見たくなかったが、ここまで来たら、
2-2のタイ優勝に等しい。

  「勝負はPK戦が始まる前に決まっていた」

と言うと、格好つけすぎだろうか?

円陣を組んだなでしこは佐々木監督も選手もみんな笑顔だった
ことに驚く。帰国後、佐々木監督は、
 「2-1で負けたと思ったらPK戦までこれた。
  こんなにラッキーなことはない」
と率直にそのときの気持ち、嬉しさを語っていた。
そうした監督の心理と、同じくここまで精一杯やってきたのだ
という自信に満ちた選手たち。

加えて「PKは蹴りたくない」と「ラストキッカー」を申し出た
澤選手に対して「澤さん、ズル~イ」と笑って応じる選手たち。
監督は「澤はさっき(同点)取ったからまあいいや」と言い、
また爆笑が起きていたという。
あの円陣の中の笑いこそ「強さ」を物語っていたと言えるだろう。

 「ここまで戦ったのだ、という自負と解放感すら感じさせる
  余裕の状態」

これに対してあまりにも対照的だったのがアメリカチーム。
明らかにみんな追い詰められた顔をしていた。
勝ったと思ったらPK戦まで持ちこまれたという衝撃。
そして「絶対に勝たねばならぬ」という「焦り」と緊張。

この両チームに存在した心理的な「差」がPK戦を制することに
なったのは間違いない。


佐々木則夫監督を「のりさん」と呼ぶチームの雰囲気。
大野選手なんかはたまに「ノリオ」と呼んでいたらしい(笑)。
  「上からではない監督」と、男子チームにありがちな
「<一匹狼>を気取って皆が融和しないチーム」とは無縁の
「それとは全く逆のチーム」であるところの「なでしこ」。

海堀キーパーのナイス防御。
しかしこれも、他の2人のキーパーと3人でいつも熱心に
他チームについて研究し合ってきた成果であることは
彼女が一番よく知っていた。

直接点にからまらなかった選手にも従来から評価の高い選手が
多いチーム。

PK直前の「敢えての反則」でレッドカード退場の岩清水選手に
対して、実は当のアメリカを含む欧州から
 「よく防いだ。あの場面では<当然の反則>だ」
と「賞賛」する声がある。
なんと、「ビジネス法務の部屋」の山口先生もそのことを
自身のブログで言及している。

安藤選手の技量も国内外で高く評価されているし、
点にも直接貢献した宮間選手はアメリカでは名手として
名を馳せている。澤はもちろんのことだ。


決勝戦を含む今大会の「なでしこ」に欧州から、中国からも、
アメリカからさえも絶賛の声が届いている。

天皇皇后両陛下も午前6時からPK戦までご覧になり、
とても喜ばれたという。

家族でTV観戦したオバマ大統領も試合終了後、
ツィッターにこう記した。
  「congratulation to Japan」


しかし、アメリカのほうがまだまだ実力は上だ。
ドイツとアメリカというこれまで一度も勝てなかったチームに
勝てた収穫は大きいが、今後はアメリカ、ドイツ、
イングランドなどと少なくとも
 「いつでも勝敗確率は五分五分」
と言えるところまで進化しなければ真の王者とは言えない。


今回の優勝は偉業である。
しかし、「なでしこ」はここで終わったのではない。
むしろ「ここからが本当のスタートなのだ」と言えるだろう。

それは、単に全日本代表チームとしての課題のみならず、
国内の育成体制全般の問題でもある。

荒川静香さんがトリノで優勝した際、日本国内での
リンクの不足などの課題点が浮き彫りになったように、
今後、日本の女子サッカー選手が育つ環境、
プロとしての待遇と雇用と各チームの育成等があらためて
課題となる。
それでも少なくとも女性でサッカーをやろうという人は増える
だろうし、「なでしこリーグ」を観戦する人も増えるだろう。

「チームなでしこ」は我が国女子サッカーの黎明期の
最初の宝物であり、続く者たちにとって最大の指標となったのだ。
そして、現なでしこはロンドン五輪に向けてスタートする。

« 「田舎に泊まろう! スペシャル」        欽ちゃんらが再訪 東北被災地の現実と再会 | トップページ | 海にきらめく珠玉のチャリティガラコンサートⅨ »

ブログ HomePage

Amazon DVD

Amazon 本

最近のコメント

最近のトラックバック