« 第18回 ひまわり広場 in 関東 | トップページ | レディー・ガガ プロフェッショナルと優しさと »

2011年7月10日 (日)

なでしこジャパン やっぱ なでしこ です

サッカー女子ワールドカップのドイツ大会。
「なでしこジャパン」はイングランドに負けたものの、
大ベテラン澤 穂希(ほまれ)選手がメキシコ戦でハットトリックを
決めるなど、順調に勝ち上がってきていた。
そして9日(日本時間10日未明)、世界ランク2位にして
優勝候補の地元ドイツチームに1-0で見事勝利した。

丸山桂里奈選手のゴールシュートがよい角度に決まったのだが、
彼女に文句なしの絶妙なアシストをしたのが澤選手。
 さすがだ。
サッカーはシュートしなければ意味はない。
しかし、というか、そして、というか、
シュートを打てるようなアシスト、シュートに導く1人1人の連携
による攻撃態勢があってこそ初めてシュートが打てるのだ、
ということは言うまでもない。

メダルをかけた準決勝の対戦相手はスウェーデン。
1995年6月、デビューまもない若き澤選手がW杯初出場し、
当時はチームとして全く力及ばずの2-0で敗戦。そして今、
世界ランクでは逆転し、日本が4位、スウェーデンが5位だが、
もちろん試合という勝負事自体はそういうこととは
ほとんど無関係の1回戦ごとのタイトルマッチに等しい。

いよいよ現地時間13日夜、日本時間14日未明、
初のメダルをかけての準決勝戦が始まる。

« 第18回 ひまわり広場 in 関東 | トップページ | レディー・ガガ プロフェッショナルと優しさと »

ブログ HomePage

Amazon DVD

Amazon 本

最近のコメント

最近のトラックバック