« 作家と原発① 赤川次郎さんの原発批判 | トップページ | 原発推進論者こそ非現実的な夢想家 »

2011年6月19日 (日)

村上春樹さんの反原発スピーチを基に考える  作家と原発②

「カタルーニャ国際賞」の授賞式出席でスペインを訪れた
 村上春樹さんのスピーチ。

 「フクシマは広島、長崎に続く惨事だ。
  我々日本人は原子力エネルギーを拒否すべきだった。
  安易に効率を優先する考えに導かれるべきではなかった。
  日本ではこれまで、原発に反対する人は、
   「非現実的な夢想家」と呼ばれてきたが、その日本で今、
  原子炉が地獄の扉を開けてしまった。
  過ちを繰り返してはならない」

村上氏が言及した、
「これまでの日本では原発に反対する人は
 「非現実的な夢想家」と呼ばれてきた」
という部分は重要だ。

これについては別途タイトルを独立させて書きたい。

« 作家と原発① 赤川次郎さんの原発批判 | トップページ | 原発推進論者こそ非現実的な夢想家 »

ブログ HomePage

Amazon DVD

Amazon 本

最近のコメント

最近のトラックバック