« リッケンバッカー4001 | トップページ | 後藤田正純 衆議院議員は 議員辞職せよ »

2011年6月 4日 (土)

ある皮肉 ~2人の「天才」政治家?

政治状況はヒド過ぎる。確かに菅さんは良くないが、
「検察とマスコミが誘導した<小沢一郎悪人アジテーション>に
 乗った国民と民主党らが選んだ人でしょう?
 だったら、協力して仕事しなよ」
とまず皮肉を言いたい。

「小沢氏が総理だったらどういう展開を作っていたか」と、
想像を掻き立てられる。

それはともかく、あのバカげた
「被災者無視、被災地無視の内閣不信任案提出騒ぎ」
を見ていて、こう思った。

 「鳩山由紀夫氏って、宇宙人的ある種「天才」?」
と。
なんせ自民党らに小沢グループらが相乗りし、あわや「可決か?」
の状況を、「そのうち辞任するから」の言質をとったぞ、と民主党の
議員総会で公表して、いっきに造反=議案賛成を考えていた
人たちの考えを修正終息させてしまい、お見事に否決させて
しまうところまで一気に動かしたのだから。

これには小沢グループや自民党らも唖然としてガックリしたに
違いない。
① 「内閣不信任案の否決と(少なくとも今回での)
   民主党分裂危機の回避」
② 「自民党らをギャフンとおバカな子供扱いであしらう」
という2点をやってのける演出、立ち回り役を鳩山さんは
見事に演じた。


しかし、鳩山さんより「更に上手のとんでもないくわせ者」がいた。
他ならぬ菅さんだ。
鳩山氏が「天才」から今度は一気に「おバカ」に転じたのは、
交渉事において「一定のメドがついたら」という表現の条件が
付く内容だったら、「○○月ころということでOKですね?」と
確約をとっておくのが普通で、そんなことも固めないで
信用するなんてアホにもほどがある、ということからなのだが、
しかし、そうした「言いくるめ」をやってのける菅さんって、
ある意味「鳩山さん以上の天才」かもしれない。

そのうち、「そんな約束自体、した覚えはありませんよ」
と言いだすに違いない。
政治家は「ツラの皮が厚いヤツが勝つ(上に立つ)」ということか。

« リッケンバッカー4001 | トップページ | 後藤田正純 衆議院議員は 議員辞職せよ »

ブログ HomePage

Amazon DVD

Amazon 本

最近のコメント

最近のトラックバック