« 高田正人さんの原発考察に賛同する | トップページ | 世論操作、世論誘導について »

2011年5月27日 (金)

ガセネタを鵜呑みにした自民党がアホ    海水注入中断問題

原発の海水注入中断問題。
それ自体は確かに深刻な問題だが、しかし、被災者、被災地の
状況を放ったらかして「今第一に追及する問題か?」と言えば
 「No」だと思う。
26日、驚いたことに、というより、呆れたことに、東京電力は
 「福島第1原発1号機の海水注入を中断した事実は無かった」
と、大騒ぎになった今頃、そもそも論としてこれを否定した。

自民党の谷垣総裁は26日の記者会見で、
 「事実説明の迷走に、開いた口がふさがらない」
と総理と政府を批判したが、

 「おいおい違うだろう、安倍晋太郎氏がどこからか得た情報を、
  その真偽も確認しないまま、「ここぞ」とばかに
  政府攻撃の材料として利用して時間のムダ使いをした
  あんたら自民党がバカなだけだろう」

ということ。これに尽きる。
 以上。

« 高田正人さんの原発考察に賛同する | トップページ | 世論操作、世論誘導について »

ブログ HomePage

Amazon DVD

Amazon 本

最近のコメント

最近のトラックバック