« 林 正子さんの推薦本~原発関連本等 | トップページ | 原発推進派の懺悔~ 住田健二さん »

2011年5月21日 (土)

中国から日本産の食材が消えていく

4月の訪日外国人数は、前年同月比で62.5%減の
29万5800人で、30万人を割り込むのは2003年5月以来
という。
せっかく、秋葉原や富士山、京都などに中国人や韓国人が
多数来日されていたのに残念な話だ。

また、テレビが伝えるところでは、北京でも上海でも、
これまで日本の米やラーメンやリンゴ等の果物などなど、
食品食材は「清潔、安全、美味しい」で評判が良く、
中国人から羨望をもって迎えられていたのに、ここ1ヶ月ほどは
どんどん店頭から日本産の食料品が消えている、という。

「放射能汚染」を懸念してのいわば風評被害なのだが、
全く残念でならない。

« 林 正子さんの推薦本~原発関連本等 | トップページ | 原発推進派の懺悔~ 住田健二さん »

ブログ HomePage

Amazon DVD

Amazon 本

最近のコメント

最近のトラックバック