« 原発推進派の懺悔~ 住田健二さん | トップページ | 森 麻季さんリサイタル in フィリアホール     レクイエム 異色のコンサート »

2011年5月21日 (土)

原発無しで電力は足りている~小出裕章さん

京都大学の小出裕章さんが明瞭に解説しているユーチューブ映像が
ある。概要はこうだ。いわく、

1「電力が足りない、なんてウソです。「だから原発が重要」と
  いうことを言いたいがためのロジックにすぎない。
  原発は現在の電力エネルギーの3割を占めるというが、
  使える火力発電所などを止めるなどして、現状使用されて
  いる中では確かに3割だ、ということにすぎない。
  その原発の分を、稼働していない火力発電所に置き換えれば、
  今すぐに、原発0(ゼロ)で、現状の電力がまかなえる。
  現状、火力発電所の約半数は停止されているんです。
  使えるのに」

2「原発はエコ・エネルギーだから良く、火力は二酸化炭素を
  出すからダメ、というのも全くの笑止。
  二酸化炭素は酸素とともに生命体にはなくてはならない
  貴重なもの。もちろん、それが多量となり、バランスを
  欠くのは問題だから、その制御バランス対策は必要。
  でもね、皆さん、
  原発が出しているもの、何ですか?
  放射能=「死の灰」なんですよ。
  どちらが危険か、なんて、言うまでもないことでしょう?」

 URLは
  http://www.youtube.com/watch?v=PLJVLul6Wz0


ついでに2点、私から言及しておきたい。

1.この映像の中では小出先生は言及していないが、
  他の研究者の中からも、
   「これまでさかんに言われ宣伝されてきたところの、
     原発はコスト安、というのはウソ。
     なんだかんだ(建設地への交付金等も加えたら)
     むしろ結局割高にさえなる」
  ということが、ようやく複数の研究者から言われだしている。

2.小出さんはとっくに教授になってていいのに、
  いまだ助教、という。
  最近の名称のことは知らなかったでの確認すると、
  昔の助教授は今、准教授で(まあこれは知っていたが)
  その下、すなわち一般教員という地位を「助教」という
  とのこと。
  まずもって、「ヘンな名称」。
  ネーミングをしたのは文部科学省の役人か誰かは知らないが
  「センスなし」
  
  小出先生のことに話を戻すと、いかにも、
  反原発という「国に逆らう姿勢」をとる人に対する国立大学が
  しそうなことだ。
  もちろんこれは京大だけでなく、また原発の問題に限らず、
  「国策」に反した立場や研究、あるいはかつての大学紛争で
  学生の側に寄り添った研究者が、東大を含めた他の大学
  一般において、昔からなされてきた「仕打ち」だ。
  大学なんて「そんな程度」だ。

« 原発推進派の懺悔~ 住田健二さん | トップページ | 森 麻季さんリサイタル in フィリアホール     レクイエム 異色のコンサート »

ブログ HomePage

Amazon DVD

Amazon 本

最近のコメント

最近のトラックバック