« 北川景子さんがやっとブログを更新      悲しみに寄り添って でも元気を出していこう | トップページ | サンデル教授  東京 上海 ボストン    「大震災特別講義 私たちはどう生きるべきか」共通するヒューマニティの存在を求めて »

2011年4月16日 (土)

頑張れ クラシックCDショップ店

3月11日以前に、池袋のHMVが改装され、全体の売り場が
縮小されたのだが、クラシックのコーナーに至ってはなんと
実質「ゼロ」に近い「ほぼ完全撤退に近い」状態となっている。
本当に「どこに置いてあるのか?」という「もうしわけない程度」
の枚数しかない。あれなら完全に置かないで欲しいくらいだ。
「クラシック音楽に対する侮辱、冒とく」だと本気でそう思う。

それまでは池袋のHMVはポップス系だけでなく、
クラシックも、CD、DVDともに結構あった。
タワーレコードの渋谷本店ほどの品数まではいかなかったが、
それなりに利用させていただいていた。
本当に残念だ。

「HMV池袋の衝撃」と題して書こうとしていたら、
3.11が起きてしまった。
あれ以降、「衝撃」という言葉は軽々に使えなくなった。
3.11ほどの衝撃は今後はほとんど起きないほどと
思える衝撃だし、あれに比べたら、
ほとんどもモノや事象は「たいしたことない」とも思える。

それでも、ただでさえ売れなくなってきているCD、
特にクラシックCDのことを思うとガッカリする。

そして、ここへ来て、また1つ危惧される予兆が在る。
タワーレコードの池袋店だ。
同店のJポップスはそこそこあるのだが、
クラシックは以前から少なく、池袋の場合は前述のとおり
HMVのほうが品数が多かった。
そこへもってきての、HMV池袋のクラシックコーナーの
実質消滅、そして最近のこのタワーレコード池袋店も
クラシックコーナーの品数がどんどん減少して来ていることに
最近気づいた。
なんたることか、と思う。
クラシックCDショップよ、もっと頑張れ。

« 北川景子さんがやっとブログを更新      悲しみに寄り添って でも元気を出していこう | トップページ | サンデル教授  東京 上海 ボストン    「大震災特別講義 私たちはどう生きるべきか」共通するヒューマニティの存在を求めて »

ブログ HomePage

Amazon DVD

Amazon 本

最近のコメント

最近のトラックバック