« 寄付 について そして 日韓の絆 | トップページ | 支援物資を早く被災地に            買い占め 買い貯め やってる場合か »

2011年3月18日 (金)

AC広告 は素晴らしい

世の中には本当に理解に苦しむ「不思議な族」がいるのだなあ、
とつくづく思う。
AC JAPAN にクレーム電話をかけている人達のこと。

そのことは後で書くこととして、まずはここ数日流れている
「ACJAPANのCM」 について。

今回に限らず、以前から素晴らしいCMが多かったし、
以前ブログにも書いたことがあった。
「しょうもない低レベルのCMがこの国にはまだまだ多い」中、
本当に素敵なCMを何本も世に送り出してきている。
今回のものも素敵だ。

 「こころ」は だれにも見えないけれど
 「こころづかい」は 見える
 「思い」は見えないけれど
 「思いやり」は だれにでも見える
   宮澤章二氏による。

 「遊ぼう」っていうと     「遊ぼう」っていう。
 「馬鹿」っていうと      「馬鹿」っていう。
 「もう遊ばない」っていうと 「遊ばない」っていう。
  そして あとで さみしくなって、
 「ごめんね」っていうと   「ごめんね」っていう。
  こだまでしょうか、
  いいえ、誰でも

  さすが 金子みすゞさんだ。


ところが驚いたことに、冒頭に書いたように、
18日のニュースによると、この製作会社である
社団法人ACジャパン(旧 公共広告機構)に、
 「しつこい」、「不快感がある」、「内容がそぐわない」、
 「(最後に流れる)エーシー、という高音の旋律が不快」
 「こんなときに子宮けいがんや乳がんの検診に行けるか」

といったクレームの電話が多数かかってきたというのだ。

いろいろな人間がいるんだなあ、というより
 「全く理解できない種類の人間がこの世の中には
  確実にいるんだなあ」 と、あらためて思う。

 私はこう思う。
「こうしたクレーマーの状況は、この国の「心の貧しさ」を
 そのまま物語っている」

この国の中に、かつてないほど
「心の貧しい人が増えている」 のではないか?

哀れなる貧困なる精神の者たち。
宮澤章二の優しさと優れた感性を全く理解できない
「お寒い心の持ち主たち」よ、
今こそ、宮澤氏の言葉を聞け。

金子みすゞの優しさと優れた感性を全く感じられない
「お寒く貧困なる精神の者たち」よ、
今こそ、金子みすゞの言葉を聞け。


ACジャパンは気にせず、バンバン放送するとよい。
最後の「エーシー」も外すことなんてせず、
バンバンそのまま放送すればよい。
クレーマーは、所詮「その程度のヤツ」なのだから。


もう1つ
仁科亜季子さん、相変わらずキレイだな、お嬢さんの仁美さん、
目元や顔の輪郭がやはり松方弘樹さんに似ているな、と思う。
離婚しても血は争えない。


さらにもう1つ、女性の皆様に
30歳以上の女性は特に「乳がん検査」には毎年必ず行って
ください。
大学時代の音楽サークル関係での同期、先輩、後輩の
それぞれ1人、計3名が乳がんがもとで亡くなっています。
ですから本当に身近に感じています。
女性の乳がん検診検査は本当に必須です。

« 寄付 について そして 日韓の絆 | トップページ | 支援物資を早く被災地に            買い占め 買い貯め やってる場合か »

ブログ HomePage

Amazon DVD

Amazon 本

最近のコメント

最近のトラックバック