« AC広告 は素晴らしい | トップページ | 徐々に品数が増えてきている »

2011年3月18日 (金)

支援物資を早く被災地に            買い占め 買い貯め やってる場合か

支援物資は既に徐々に宮城県内などに入ってきているのに、
そこから先、個別の避難施設に届けるための燃料=ガソリンが
不足している、というから、届けられないその「原因、理由」に
驚き呆れ、憤りを覚える。
その原因の大きな要因の1つに、都内や関東圏内における
「買い貯め」がある。
これについては最後に書くとして、阪神大震災のときに比べて、
あまりにも支援体制が遅れているので、そのことから整理しよう。


1.阪神大震災時について
阪神大震災のときに比べて、あまりにも支援物資の現地供給が
遅い。あのときも、道路の問題はあったが、それでも
今回のような広範囲では無かったこともあり、
私も当時、金融機関の東京本社から神戸支店の社員と家族を
中心とした支援体制の一員としてサポートした。
大阪支店と名古屋支店を支援店舗の要として、まずはそこへの
物資供給や情報収集地点として本社とのやりとりをした。
それは同様に大阪以東の会社で神戸周辺に支店や子会社等
があった企業は同様に一斉に素早く行動したものだった。


2.今回の特異性、問題点
(1)物理的要因
当初は高速道路の寸断による通行止め。
仙台空港と仙台塩釜港の破壊状態という大きな問題があった。
それが徐々に解消されつつあるこんにちでは今度は
トラックの燃料不足と人手不足が生じている。
冒頭に書いたように、それでも既に仙台の物流倉庫には
支援物資が続々と届いているにもかかわらず、
そこから被災地の人々にまだ届いていない。
ガソリン=燃料の不足と運転手の不足。

(2)原発問題の発生
もう1つ、非常に大きな原因として、福島原発での放射能問題の
発生がある。極めて大きな心理的ブレーキのファクターだし、
物理的にもその周辺を迂回して行く場合、ムダな時間と手間が
かかってしまう。この2つが支援を遅らせている。

(3)モノ不足
もちろん、モノもまだまだ足りない。
余震のほか、計画停電の影響でお弁当、お惣菜をつくる工場の
稼働が遅れ、ティッシュやトイレットペーパーをつくる工場も
同様の事態が生じているところもある。

(4)買いだめの愚
そこへもってきて、本来真っ先に支援に動かなければいけない
はずの被災地以西では都内を中心にガソリン以外にも米、
おにぎり、パンなどの食糧食料品やティシュペーパー、
トイレットペーパー、ガソリン等が、小心者によって
「買いだめ」されている。
本当に緊急に必要なのは被災地にもかかわらず。

もちろん、こうした「買占め買い貯めに」対して東京に暮らす人々
からも批判が続出している。

 「東京の人達は食料や水を買い占めている場合じゃない。
  何でもいいから何もない被災地へ送るべきだ。
  東京は何かおかしい」
   (48歳 男性 医師)

 「被災地の方々は食べるものが無くても暴動も起こさず我慢して
  素晴らしい日本人と世界から評価を受けているのに、
  被災地でない人々がなぜ買い占めをするのでしょうか?
  とても恥ずかしい」
   (68歳 女性 主婦)

 「自分さえよければと、直接の被害のない都民らがスーパーで
  買いだめしている姿は、そのままこの国の品位を示している」
   (46歳 男性 会社員)

 「いま、第一に考えるべきは被災地の人々の生活。それなのに、
  なぜ東京の住民たちがこうまでも焦っているのか?」
   (19歳 女性 大学生)

 等々。


3.被災地のご遺体の問題等
現地はまだまだ寒いとはいえ、ご遺体もしだいに腐敗損傷の
度合が増していく。身元が確認できないままの土葬という問題も
現実のものとなりつつある。


 今一度、被災地でない者に問う。いや、告げる。

「せめて買いだめしないこと、普通の冷静な生活を送ることこそ
  最低限の支援の1つなのだ」

« AC広告 は素晴らしい | トップページ | 徐々に品数が増えてきている »

ブログ HomePage

Amazon DVD

Amazon 本

最近のコメント

最近のトラックバック