« 徐々に品数が増えてきている | トップページ | さすが池上彰さん わかりやすいテレビ報道   NHKクローズアップ現代も さすが国谷さん »

2011年3月21日 (月)

リビアへの多国籍軍介入はやむを得ない

数日前、リビアではカダフィ政府軍の巻き返し軍事行動により
反政府軍が劣勢に、とのニュースが流れたばかりだったが、
思いのほか早く、アメリカ、イギリス、フランスによる
カダフィ部隊への空爆という軍事行動がなされた。

国家の問題は本来は自国内での解決が当然なのは
言うまでもない。
いかなる事情でも他国による軍事介入は避けられるべき
であることは大原則だ。

しかし、今のリビアのように、「小物」であることを露呈した
カダフィが、あろうことか自国民への空爆を含む軍事行動を
止めないでいる状況下においては、
 「異常事態には異常事態を」との、他国による軍事介入は
現実の国際社会における選択肢としては存在するのだろう。

そして今回、中国とロシアは拒否し批判側となったが、
米英仏による軍事介入が実行された。
リビア市民を守るという大義名分は一応ある。
不幸なかたちだが、やむを得ないという感想を正直抱く。

« 徐々に品数が増えてきている | トップページ | さすが池上彰さん わかりやすいテレビ報道   NHKクローズアップ現代も さすが国谷さん »

ブログ HomePage

Amazon DVD

Amazon 本

最近のコメント

最近のトラックバック