« NHK教育テレビより | トップページ | 嘉目真木子さん 画朗 「遊美」 コンサート &惜しかったブラジル戦 バレーボール女子 »

2010年11月10日 (水)

「SONGS」 オリビア・ニュートン=ジョン

この日のNHK「SONGS」は来日した
オリビア・ニュートン=ジョンさんが登場。
「62歳かあ~」って、そりゃそうだろう。私が高校生のころ、
級友と「オリビア・ニュートンジョン、っていいよね」と話した
ころは、既に堂々たる大人の歌手だったのだから。
でも18年前に父親がガンで他界された2日後に、彼女自身が
「乳がん告知」されたとはもちろん知らなかった。
克服され元気になられて何よりだ。

宇野功芳さんが昔、誰かとの対談だったか、あるいは
どこかへの単独寄稿だったかは忘れたが、
こういう面白いことを言っていたこととがある。いわく、
 「活躍する音楽家、いい音楽家ってね、
  皆「名前がいい」んですよ。名前がカッコイイんです」

オリビアさんは(失礼を承知で言うなら)
「まず、名前からしてカッコイイという典型の人」だ。
容姿もステキだし、もちろん歌もいい。
深みとか陰影とかはあまりないがしかし楽天的で口ずさみ易い曲、
爽やかでほんわかとした感じの曲が多い。

この日もよく知られた曲を歌った。

「そよ風の誘惑」(Have You Never Been Mellow)
「ザナドゥ」(Xanadu)
「フィジカル」(Physical)
「愛の告白」(I Honestly Love You)

中でも彼女がコンサートの最後に必ず歌う曲という「愛の告白」は
しっとりとしたバラードで素晴らしい。

ちなみに、尾崎亜美さんの作詞作曲で、杏里さんが歌って
大ヒットした「オリビアを聴きながら」のオリビアは
このオリビア・ニュートン=ジョンのことだ。

« NHK教育テレビより | トップページ | 嘉目真木子さん 画朗 「遊美」 コンサート &惜しかったブラジル戦 バレーボール女子 »

ブログ HomePage

Amazon DVD

Amazon 本

最近のコメント

最近のトラックバック