« テロップ問題 NHKに苦情殺到 | トップページ | 問題と言うなら世耕議員の「罪状」発言も問題 軽率で「軽い」国会議員が多すぎる »

2010年11月29日 (月)

菅さんではもうダメだと思う

国内でも多くの人が冷笑したように、APECにおいて
菅総理大臣が中国、胡錦濤 国家主席とのサシの会談の際に、
あろうことかメモを見ながら話していた姿に心底驚いた。
前代未聞のことだと思う。最悪。サイテー。
 「みっともないの極致」

胡錦濤さんは一応ニコニコしていたが、内心では当然私たち同様、
いや、それ以上に軽蔑して目の前の日本国の代表者を見ていた
だろう。こう思いながら。

 「コイツ、自分で言いたいことも覚えられないほど頭の悪いヤツ
  なんだ」、と。

そして、北朝鮮による韓国領土の島への砲撃の際には、
「テレビを見て知った。大変なことになったなあ、と思いました」
というコメントに、多くの日本国民はこう思ったのではないか。
いわく、
「まるで井戸端での雑談のようにヒトごとのコメントだなあ。
 随分と呑気だなあ。これでも一国の総理かいな」、と。


細川内閣時代の(当時の)厚生大臣のときは薬害エイズ問題に
積極的に取り組み、「さすが市民運動家出身者だな」と感心した
のも「今は昔」というところだ。
自己保身しか関心のない状況に堕落しているように思えて
ならない。

« テロップ問題 NHKに苦情殺到 | トップページ | 問題と言うなら世耕議員の「罪状」発言も問題 軽率で「軽い」国会議員が多すぎる »

ブログ HomePage

Amazon DVD

Amazon 本

最近のコメント

最近のトラックバック