2018年11月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

Amazon CD

  • :
  • :
  • :
  • :
  • :
  • :
  • :
  • :
  • :
  • :
  • :
  • :
  • :
  • :
  • :
  • :
  • :
  • :
  • :
  • :
  • :
  • :
  • :
  • :
  • :
無料ブログはココログ

« 合唱曲ピース 2 武満徹 「小さな空」 | トップページ | アイリス フィルハーモニックオーケストラ »

2010年9月 5日 (日)

毎日新聞日曜版 原田美枝子さんの連載

毎日新聞の日曜日に毎回添えられている別刷の中に、
女優の原田美枝子さんの特集が長く連載されている。
寄稿ではなく、ライターが原田さんにヒアリング(取材)し、
それに基づく文章というかたちをとっている。
数か月前からだったかなあ、と思ったら、
9月5日で第35回を数えており、週1回だから年明け早々から
ずっと続いていることになる。
どの新聞でも1人の芸能人に対してここまでのロングランの
記事自体非常に珍しく、驚く。

原田さんといえば、今では年齢的なことももちろんあり穏やかで
優しい母親役が多いが、若いころは結構「肉体派」で有名だった。
特に映画「火宅の人」でのヌードシーンは衝撃的だった。
あの作品では松坂慶子さんのヌードも話題になったが、
松坂さんはそれ以前にも確か(セミ・ヌードかもしれないが)
あったし、失礼ながら、原田さんのそれは百倍衝撃だった。
(「それ」って何?)
あのときほど世の男性の多くは「相手役」の緒形拳さんを
羨ましいと思ったことは他にないはずだ(?、笑)。

「今は感じの良い中年主婦だが、デビュー時は若々しい裸体で
アピール」というと、高橋恵子さん(旧姓 関根恵子)さんも
そうだった。
ヌードといってもむしろ純粋無垢な感情や表情とダイナミックな
裸体とのギャップに鮮烈感があったのだと思う。
若いころの原田さんも高橋さんも素敵だったが、今のお2人の
女優としての存在感はさらに貴重で魅力的だ。

新聞の連載はいつまで続くかしらないが、とても興味深い大新聞
による女優特集として今後もファンの間では語られていくように
思う。

« 合唱曲ピース 2 武満徹 「小さな空」 | トップページ | アイリス フィルハーモニックオーケストラ »

ブログ HomePage

Amazon DVD

Amazon 本

最近のコメント

最近のトラックバック