« アッツ島 「玉砕」 無能な「大本営」の大罪 | トップページ | 清水直子さん ヴィオラ リサイタル in フィリアホール ヴィオラの可能生性を追及する名手 »

2010年8月15日 (日)

NHK 日韓の若者による討論番組

14日、NHKで日韓の若者とユン・ソナさんらゲストを交えての
討論会が放映れた。
対話から全てが始まる。話し合うことから開始しよう。
話し合わなければ何も解決しない。進んで行かない。
そういう意味では意義深い討論番組だった。

日本の問題は昔から言われているように「現代史教育の欠落」だ。
私が高校生のころも古代から始まり、正規の授業としては
江戸時代から明治時代に入って間もなくのところくらいで
「終わった」し、現状も優秀な私立は別として、あるいは
一部の公立進学校は別として、
今でもたいして変わっていないのではないか?

韓国の教育状況は知らないが、祖父母の世代が「日本憎し」を
伝えて来たのは当然としても、願わくば今後は、
「君ら若者も今後も憎み続けろ」ではなく、事実は事実として、
「では君らはどう日本と向き合うか?」というような問いかけを
してくれたら、とは思う。

実は私が一番関心があるのは、もっと現実的な問題だ。
北朝鮮が崩壊するのは時間の問題である。
ああした独裁国家が永続したためしはなく、どういうかたちで
あれ、朝鮮半島が「統一」されるのは時間の問題だと思う。
拉致問題も北の崩壊後1年以内には全容は解明されるだろう。

繰り返すが、「北の崩壊は時間の問題」である。
ではそのとき、韓国は「北」をどうしていくのか?
日本はどうするのか?
韓国が「北の新市場」を独占していくのか?
日韓の友好的連携は可能なのか?
協力関係は可能なのか?

これはキレイごとではすまない極めて現実的な問題であり、
経済活性化増強拡大をかけた「経済的な戦い」になるのか否か?
ということをも孕(はら)んだ問題なのだ。

« アッツ島 「玉砕」 無能な「大本営」の大罪 | トップページ | 清水直子さん ヴィオラ リサイタル in フィリアホール ヴィオラの可能生性を追及する名手 »

ブログ HomePage

Amazon DVD

Amazon 本

最近のコメント

最近のトラックバック