« 上原彩子さん ピアノ・リサイタル | トップページ | 「徹子の部屋」 森 麻季さん »

2010年7月16日 (金)

参院選 感想

「民主党への不信感と失望の表れ」
今回の参院選を一言で言い表すならこういうことだろう。

野党時代に官僚主導を脱却と言いながら、政権獲得後は、
一部の機関のトップに「有能だから」として天下り官僚を据えたり
野党時代に「ミスター年金」と言われた長妻昭さんは厚労省の
大臣に就任したとたん「借りてきた猫」のようにおとなしくなり、
「ミスター検討中」と揶揄されるようになってしまったほどの
「小心者」であることが判ったり、「最低でも県外」などと
大見得を斬ったのに結局「自民党案のままの辺野古移設」という
最悪な決定をしたり、労働者派遣法の改正を含む重要法案の
先送りしたり、と、ヒドイことが続いた。

注目され評価されたのは「事業仕訳け」くらいで、その事業仕訳け
も法的強制力がない、など、あらゆることに未完成状態が続いて
いる。
小沢一郎氏の問題は検察のミスリードだが、世論操作に弱い国民
を騙すにはうってつけで、まんまと「小沢悪し」の空気ができて
しまったのはアンラッキーにしてアンフェアだったが、
鳩山由紀夫氏の母親からの献金は明らかに「脱税」であって、
小沢問題より100倍悪質だったにもかかわらず、なぜか検察は
この問題は事実上「お見逃し」となったものの、そうした
カネの問題により「自民党とどこが違うのか?」という点での
不信感を増大させた。

そこへもってきて、財務大臣などという「素人がやってしまった
ことがアダ」になり、「選挙前には絶対的タブーである増税論」を
明確なビジョンのないまま(たぶん財務官僚からそそのかされて)
口にしてしまった「消費税率アップというとんでない失言」が
ダメ出しの追い打ちをかけた。

「みんなの党」は消費税増税反対を明確に打ち出しただけでなく、
官僚、議員の削減を含む公務員改革の徹底をアピールし、
国民の共感を得た。
後者など、民主党がやってくれるだろうと当初国民が期待したのに
事実上、反故(ほご)にしつつあることへの国民の猛反発、抗議
という「アンチテーゼとしての「みんなの党」への投票」に
つながった。

自民党も浮かれている場合じゃない。今回は単に「敵失」による
相対的に議席数を増やしただけに「すぎない」。
「国民の多くは、自民党よもう一度、などとは思っていない」。
その証拠が正に「みんなの党」への投票行動であり、また、
議席は減らしたとはいえ「選挙区」および「比例区」の両方で
得票数で「いちばん」だったのは自民党ではなく民主党だった
のだ。この現実を自民党は無視できないはず。

そして、消費税率についてもたぶん自民党議員の多くは、
「こりゃ簡単に、おいそれと消費税率10%とは言えないぞ」
と内心ヒヤッとしているのではないかとも想像できる。
自民党は「野党だから10%を打ち出せた」に過ぎない。
与党なら、いわんや国政選挙前には
「口が裂けても税率アップは口にできなかった」に違いない。

消費税問題は将来的には避けてとおれないだろう。
そんなことは国民は皆解っている。問題は
「それ以前に国会議員は「やるべきことをやってよ」
ということが大事な点」であり、この点に挑まない政権は
今後も増税を口にした途端に国民から「排除」されるに違いない。

« 上原彩子さん ピアノ・リサイタル | トップページ | 「徹子の部屋」 森 麻季さん »

ブログ HomePage

Amazon DVD

Amazon 本

最近のコメント

最近のトラックバック