« お茶の水OBオーケストラ 第29回演奏会  シベリウス 交響曲第5番 | トップページ | 辻元清美さんの離党を理解する »

2010年7月29日 (木)

千葉法務大臣の決断=死刑執行命令を支持する

民主党が政権を獲り、最初の組閣から1つ気に入らないことが
あった。
法務大臣に死刑廃止論者である千葉景子氏を起用したことだ。
なので、先の参院選で千葉氏が落選した際、正直
「良かった。これで交代する」と失礼ながら喜んだ。
ところが民主党は法務大臣職を続けることを同氏に要請し、
同氏も受諾したので驚いた。

その千葉大臣が2名の死刑囚に対して刑の執行を命じ、
28日に執行されたとのニュースにはとても驚いた。
しかも「死刑執行がどういうものか、自分の目で確かめたい」
として法務大臣として初めて立ち会ったということに更に
驚いたし、その「自身の理念とは異なるけれど、現状の
法体制の下での大臣職務としての職責を果たしたこと」
には敬意を払いたい。

以前、小泉内閣時代、当時の杉浦正健大臣は、
「私はクリスチャンだから死刑執行命令はしない」
などというバカげた、
「だったら、大臣就任要請を受けるなよ」と言いたくなる
ような信じ難いナンセンスなヤツもいたことを考えると、
千葉氏の心中は察するものがある。

内容的に冤罪の余地のない死刑囚は
「実務的に事務的に粛々とどんどん執行されるべき」である。
刑事訴訟法からしても当然のことだ。

それと、そもそも、死刑執行のニュースがマスコミに流れること
自体、おかしいと思う。
どういうルートと関係者たちの間での意図や思惑や
ネゴーシエイションがあるかは知らないが、
例外はあるかもしれないが、基本的には
「国民が知る必要のないこと」だと思う。
ただ、その死刑囚によって殺害された人のご遺族だけには
伝えられるべきだと思うが。
そういうところは、この国は極めて「いいがけん」で
「曖昧(あいまい)」で、「情緒的に過ぎる」と思う。

« お茶の水OBオーケストラ 第29回演奏会  シベリウス 交響曲第5番 | トップページ | 辻元清美さんの離党を理解する »

ブログ HomePage

Amazon DVD

Amazon 本

最近のコメント

最近のトラックバック