« 相撲界の堕落 腐敗 極まれり 国技という表現はもう止めるべき | トップページ | 映画 「孤高のメス」 »

2010年6月18日 (金)

消費税アップの前に やるべきことがあるはずだ

菅総理が参院選に向けてのコメントで消費税アップに言及した
ことに正直驚いた。
選挙前に大型間接税の導入や税率アップに触れることはタブー、
「鬼門」なのだ。
これまで、選挙前に言及した政権与党は直後の選挙で大敗し、
内閣はことごとく倒れてきたという「歴史」があるからだ。
正直なのはよいが、果たしてせっかくの菅さん人気に水を差す
かたちになりはしまいか?と危惧される。

それに財源不足と言っても、そもそも
「消費税云々の前に先にやることがあるだろう」という点は
多くの国民の一致する認識ではないか。いわく、

宗教法人に対する課税
法人税率の引き下げ
国会議員の削減
公務員全体の削減
天下りを含む、役人による税金のあまたのムダ使いの徹底排除
等々。
もちろん、もっとたくさんあるだろう。

こうしたことに対する政策を明言し、それによる財源増収が
どのくらいあり、
「それでもまだこれこれ、これだけの額が足りません。
 そういう厳しい状況なので消費税率を上げさせてください」
と国民に具体的な数字を提示し説明して、国民が納得できるように
説得するのがまっとうな正当な政治的手順だと思うが、いかがか?

« 相撲界の堕落 腐敗 極まれり 国技という表現はもう止めるべき | トップページ | 映画 「孤高のメス」 »

ブログ HomePage

Amazon DVD

Amazon 本

最近のコメント

最近のトラックバック