« 最後に人知れず微笑むことができるだろうか? 60年安保から50年 樺 美智子さんに寄せて | トップページ | 消費税アップの前に やるべきことがあるはずだ »

2010年6月18日 (金)

相撲界の堕落 腐敗 極まれり 国技という表現はもう止めるべき

野球賭博問題。若い力士だけの「お遊び」程度ならいざしらず、
親方衆も加わっていたとは驚きだ。
いつごろからなのか? 今に始まったことではあるまい。
しかも、背後にヤーさんのカゲがチラツクとしたら大問題だ。

弟子への暴行致死事件。
大麻汚染。
八百長疑惑。
ヤーさんへの特別席の融通。
モンゴル人横綱による一般市民への暴行、等々、

ここ数年の相撲界のスキャンダルはあまりにも多く、
あまりにもヒドイ内容ばかりだ。
言語道断。
もう今後、日本は相撲を「国技などとは言わない」と
全マスコミ間で決定したほうがよい。
もともと、別に国が法的に「国技」などと決めたわけではない
ことを知っているかたも多いと思う。
そう、単なる「慣例的表現」、要するに
「なんとなく国技」と「言われているにすぎない」のだ。

当面、7月の名古屋場所は中止にすべきだ。
そのくらい「キツイお灸」をしないと、事の重大さが未だ
理解できていないと思えるから。

もう20年以上前のことだと思うが、「週刊ポスト」が
シリーズ的に、それこそ徹底して、相撲界での八百長疑惑を
報じていた。それについての真実は私は知らないが、
音楽評論家の吉田秀和さんは、
「この疑惑に対して相撲界が(もし事実でないなら)反論しない
 のはおかしい。私はずっと相撲が好きだったが、
 もうファンであることをやめようかと思う」
とどこかに書いていたのを読んだ覚えがある。
あれから何も変わっていないのかもしれない。

« 最後に人知れず微笑むことができるだろうか? 60年安保から50年 樺 美智子さんに寄せて | トップページ | 消費税アップの前に やるべきことがあるはずだ »

ブログ HomePage

Amazon DVD

Amazon 本

最近のコメント

最近のトラックバック