« 株主総会 入門 その⑧ 運用実践編その2 ; 事前の対応=社内編 | トップページ | 素早い対応は見事 »

2010年6月 2日 (水)

当然の決断 読めない記者達の不思議

自民党がこの時期、もっとも恐れていたこと、すなわち
「このまま、民主党が不利の状況のまま参議院選挙に
 入っていきたいがために、絶対にそうなって欲しくないこと」
が起きた。

鳩山総理の辞任。
昨日1日の鳩山総理と小沢幹事長、参議院の輿石参議院委員長
による3人による会談を終えて部屋から出てきた小沢さんの厳しい
表情を見て私は、
「相当のやりとり=決断があったな」と思った。もっとも私も
「小沢さんが鳩山さんに辞意を促した。あるいは輿石さんが参院選
 での予想が厳しいことを伝え、その流れで小沢さんが辞意を
 促した」
と想像したのだったが。

これに対して、テレビでの各テレビ局の政治部記者や評論家の間
では、あの状況からの判断に関して、その内容を読み誤る人が
多かった。
例えば、3人の会談に関して、ある局のベテラン政治記者は、
「輿石さんが世論の厳しさを伝え、小沢さんはあまりしゃべら
 なかったのではないか。そして鳩山さんは
 「そんなに厳しいのか」と答えた程度で終わったのでは?」
と言っていた。
その他のおおかたの記者や評論家の論調も、
「鳩山さんが続投の意思が揺らいでおらず、それを小沢さんが
 説得しきれずに閉口、怒ってのあの厳しい表情だったのだ」、
と、たいていの人は似たり寄ったりのコメントをされていた。

しかし、まさかの鳩山さんからの決断と「刺し違え」としての
小沢さんへの幹事長職の辞任を促すやりとり。
最後の最後に、鳩山さんはその決断と実行、そして、それを
伝えた両院議員総会での敢えて言えば「見事な演説」を
やってのけた。

その両議員総会でのスピーチで、小林千代美氏に辞職を求めた点も
良かった。鳩山さん自身が語ったように、さすがに
あの「壇上」からは、ああいうことは言い難かっただろうが、
それでも言った、ということが大事。


ある人がテレビで、
「ここで首を(トップを)すげ替えても、選挙対策としか
 受け取られない。国民はそんなに「ヤワ」じゃない。
 変わらないまま選挙に突入したほうがよい」
と言っていた。

しかし、それは違うと思う。
確かに短期間で総理が変わるという「自民党の最近のお家芸」は
良くないにしても、この段になっては
「変わらないと何も始まらない」、と思うからだ。
「変わることができるかどうかを、国民は見ていたのだ」、
と思う。

そして、選挙を意識しての清新なイメージ内閣を作るという
「戦略」は当然のことだ。負けると解ったまま選挙戦に入っていく
などということ自体、愚の骨頂だからだ。
逆にここで何もしなかったとしたら、それこそ無能政府、
無能政党ということになってしまう。


TVを見ていたら、小泉純一郎氏がどこかの講演会で、
「平成22年の間に、今度決まる新総理で16人目。
 チェンジ、チェンジと言うけど、変わりすぎじゃないか」
と言っていたが、とんだお笑い草だ。
そのうちの14人は自民党員の総理なのだから。

これで民主党に対する世論は傾向としては良い方向に少しは戻るに
違いない。社民党は「鳩山内閣に引導を渡した」という点では
決して「犬死」ではなかったのだ。

« 株主総会 入門 その⑧ 運用実践編その2 ; 事前の対応=社内編 | トップページ | 素早い対応は見事 »

ブログ HomePage

Amazon DVD

Amazon 本

最近のコメント

最近のトラックバック