« NHKは大相撲 名古屋場所放送を中止すべき | トップページ | 日比谷公会堂 開設80周年記念 「第九」 »

2010年6月30日 (水)

善戦を称えよう

日本対パラグアイ。
日本人の記憶に長く残るであろう試合となった。
「負けかたとしては、おそらく最も納得できる、仕方がないと
 思える負け方だった」のだと思う。

PK戦は観たくない。
選手たちはもっと「やりたくない」ものなのだろうと推察する。
PK戦は、もちろんキッカーの精度の高さとか、キーパーの俊敏性
などが関係するとはいえ、W杯ともなれば一流選手が出ている
のだから、少なくとも本試合に比べれば
「より「運」の度合、要素が強いものとなる」
ということは否定できまい。
極論すれば「ジャンケンみたいなもの」だから、これはもう
「仕方がない」。
「PK戦になってしまった時点で半分は負け」でもある。

オシムさんは
「失敗した駒野を責めないで欲しい。駒野も自分を責めない
 ように。PK戦はサッカーではない」
と言っている。
そのとおりだと思う。

また、トルシエさんは
「少しだけ経験の点でパラグアイのほうが勝っていた。
 PK戦を見る限り、彼等のほうが自信にあふれていた。
 彼等のほとんどが「国外プレヤー」であるのに対して、
 日本の先発メンバーは長谷部、本田、松井を除いて
 全員が「国内組」だ」
と指摘している点もそのとおりなのだろう。

マスコミや私たち国民を中心にその健闘を称える記事一色なのは
自然で当然なこと。もちろん、オシム、トルシエの2人を含め、
多くの専門家が称えると同時に、特にパラグアイ戦での戦い方の
問題点を指摘されていたし、相手が粘り強かろうと、
やはり「点が取れないと勝てない」は自明の理だ。


でもいいチーム、いい大会だった。面白いことに、
これまでのところ、「ファウルを受けた数のトップは日本」
だという。これは一見悪いデータのように思えるがそうではない。
それだけ攻撃的になっていた証拠で、これまでの
「シュートをしない日本人、日本チーム」からみたら
信じられないくらい「良い状況」だ。
また、更に良いのは、「枠内でのシュート率のトップも日本」
だという。これも嬉しい驚きだ。
こうした「変化」こそ、カメルーンとデンマークに勝ち、
世界ランク4位のオランダに惜敗するも善戦して予戦リーグを
勝ち抜いた原点ではないかと思う。

大会前のプレ試合では四連敗したが、途中のイングランド戦から
本田ら、メンバーを思い切って変えてきたのが良かったのだろう。
「がむしゃらに攻める」タイプの選手が連携を強化できた。
松井がどんどん前へボールを出し、本田、遠藤が
素晴らしいキック、シュートをした。

今回は「控え」のベテラン選手たちが若い出場選手をサポートし、
全員一丸となって立ち向かったことが伝えられていて、
素晴らしいと思った。
選手である以上、日本代表の一員として選ばれたからには
誰もが出場したい、ピッチに立ちたいはずである。
でも、そのときに最良のコンディションと力量を出せる選手を使う
のが監督の仕事だし、何よりも最良の結果を出すために、
個人のエゴは抑え、チームメートをサポートして「全員で勝ちに
行く」姿勢に徹した先輩選手たちを忘れてはならない。

これは例えばアマチュア・オーケストラでもそうで、普段は
木管や金管のトップを吹いている人でも、ある曲について
どうしてもうまくいかず、他の若い同僚のほうがうまく吹ける
というような状況が生じた場合は、当然にして、その先輩は
後輩に吹かせるべきである。
それが「マネジメント」というものだ。
「最良の結果を得るための当然とるべきチームワーク」
と言えると思う。


また、今大会での日本の活躍に対して、他国からの賞賛の声が
多く出ていることが嬉しい驚きだ。
イギリス、中国、タイ、インド、ベトナム、シンガポール、
インドネシアの各国メディアが日本チームの活躍を絶賛している
ということは画期的なことで、前代未聞だと思う。
嬉しく、ありがたいことだ。


さて、まだこれから準々決勝に入るところではあるが、
これまでのところにおいて大会全般を見ると、まず、
①フランスの「内紛」によるテイタラクな敗退や、イタリア、
 イングランドも精彩を欠いての早々の敗退など、
 名門国チームの意外なモロさが出た。また、
②審判による誤審はそれまでビデオ判定を拒んできたFIFAに
 対して、今後、ビデオ判定の必要性を迫るものとなった。
③しかし、とにもかくにも、「ブブゼラ、ウルサイ!!」。
 文化だか何だか知らないが「騒々しい」の一言に尽きる。
 欧州からも相当批難批判が行ったそうだが、
 結局「禁止」にはならなかったのは残念だった。

「ブブゼラがやかましい」という点では最悪の大会だった。
しかし、日本チームの成長、新たな展開への大きな一歩
という点では、最も印象的な画期的な大会だった。

« NHKは大相撲 名古屋場所放送を中止すべき | トップページ | 日比谷公会堂 開設80周年記念 「第九」 »

ブログ HomePage

Amazon DVD

Amazon 本

最近のコメント

最近のトラックバック