« 映画 「孤高のメス」 | トップページ | 日本経済新聞 文化欄 ダナイローヴァさん »

2010年6月22日 (火)

日本経済新聞 春秋 相撲問題

この日の日本経済新聞 朝刊の第一面コラム「春秋」によると、
同担当コラムニストは2年前の大麻問題時に既に
「国技と名乗るのをやめたらどうか」と書いていたそうだ。
もちろんそれは明治時代の終わり、常設の相撲場が建設された際、
そこが「国技館」と名づけられ、そこから「国技と言われるように
なったにすぎない」ことを前提として書かれた。

それでもその際は、記者は、
「いささか辛口すぎるかと案じつつ唱えた国技返上論だった」が、
今回の野球賭博問題に接し、
「いまや相撲が国技とはチャンチャラおかしい、
 という気にさせられている」
と本日のコラムで書いている。

さらに、「相撲協会は公益法人だから税金が優遇されている。
それがここまでの不祥事を引き起こした以上、公益法人の
値打ちはないと悟るべきだろう」と書いている。
全く同感だ。

« 映画 「孤高のメス」 | トップページ | 日本経済新聞 文化欄 ダナイローヴァさん »

ブログ HomePage

Amazon DVD

Amazon 本

最近のコメント

最近のトラックバック