« カーリングはマジ面白い ; 氷上の集団チェスの醍醐味を はや堪能 | トップページ | 独立役員に関する若干の訂正 »

2010年2月20日 (土)

再度 カーリング 対イギリス戦

第4戦のイギリス戦も凄い試合だった。
土曜日の中継だからTVライブ中継をご覧になられた日本の
人も多かっただろう。
アメリカ戦、カナダ戦同様、一進一退。
英国チームの19歳の天才&美人スキップ、イヴ・ミヤヘッドが
まさに天才というようなショットを決めて驚かせたが、
「チーム青森」は全く一歩も引けを取らず、
中国戦でスランプぎみだった目黒と近江谷(おおみや)が
完全復調。
そして、第9エンドでの目黒のダブルテイクアウトで5点獲得
というスーパーショットにより、
2002年ソルトレーク五輪の優勝チーム、イギリスを
「コンシード」=ギブ・アップ(将棋でいう投了)により
第10エンドに入ることなく終了、勝利した。

ここまで、予選の最初の4試合4チームはどこも優勝候補
あるいはメダル候補の1つで、最初からこれらとぶつかる
のだから、4敗でもやむを得ない対戦相手が揃ったのが、
結果2勝2敗は上出来だろう。

第3戦の中国戦は、目黒と近江谷(おおみや)の
ショット精度が落ち、緻密に入念に攻めてくる中国に敗退
したが、あとは申し分のない出来。
カナダ戦だってどちらが勝ってもおかしくない内容だった。

日本のここ4年間でのレベルアップは明らか。
これからこそが、本当に楽しみだ。

« カーリングはマジ面白い ; 氷上の集団チェスの醍醐味を はや堪能 | トップページ | 独立役員に関する若干の訂正 »

ブログ HomePage

Amazon DVD

Amazon 本

最近のコメント

最近のトラックバック