« Aスタジオ 絶対サユリスト | トップページ | ミューズは求める人にいつでも微笑む     「リーベ」 臼木あいさんファンクラブがスタート »

2010年1月30日 (土)

朝まで生テレビ 議論はむしろ検察庁の行動や姿勢に力点が置かれていた

恒例の毎月最終金曜日、というか、日付変わって
土曜日の未明放送の長寿番組。

この日は、連日報道の小沢一郎氏に関するもの。
田原総一朗さんは冒頭から、
「とことんやる。どこで局がストップを入れてくるか
 (というくらいに)」と言っていたが、
結果的には基本的に冷静な議論が展開された。
1人だけ「出るといつも大きな声でジャマをする変なおっさん」
山際氏(だから産経新聞はバカにされるのだ)が、
国民感情がどうという低レベルな見地から小沢批判を繰り返して
いたくらいで、その人がしゃべる場面以外は基本的には「静か」
だったしそれほど過激バトルという様相ではなかった。

小沢擁護派VS検察支持派、というよりも、正確には
「今回の(前回の西松時を含む)東京地検特捜部の行動批判側」
 VS「同 地検の行動擁護側」に分かれた、
と言うほうがより正確と思われた。

顔ぶれ(出演者=討論者)を記載すると、

【小沢擁護または検察批判側】
細野豪志(民主党)
辻惠(民主党)
平野貞夫(元参議院議員)
郷原信郎(名城大学教授、元東京地検検事)
大谷昭宏(ジャーナリスト、元読売新聞大阪本社記者)
青木理(ジャーナリスト、元共同通信記者)
小林節(慶応大学教授、弁護士)

【小沢批判または検察擁護側】
平沢勝栄(自民党)
穀田恵二(日本共産党)
高井康行(弁護士、元東京高検検事)
若狭勝(弁護士、元東京地検特捜部副部長)
山際澄夫(ジャーナリスト、元産経新聞記者)


議論の概要は、意外なことに、そして面白いことに、
小沢一郎氏をめぐるものというより、
「検察のありかた、その行動の変節ということに7割」、
「マスコミ対応の異様な稚拙さということに2割」くらいが
割かれていたことだ。
小沢氏が説明不足なのは皆分かっているからということがある
からだろう。
検察批判の急先鋒の元東京地検の郷原信郎さんでさえ
その点は指摘していた。
なので、小沢批判という点では、その山際=大声おじさんと
共産党の穀田恵二さんくらいで、あとは冒頭に書いたように、
検察庁の対応をめぐる是非、検察自体の対政治家をめぐる
刑事事件対応の変化ということに議論の中心が
(別に田原さんの誘導ということでなく)自然と力点が
置かれて進行したのはやや意外だったと同時に
その点では賛成、納得できたし、
「そのこと自体が、今回の事象の特徴をそのまま表している」
 ように思えた。

検察批判で一番説得力のある発言は大谷昭宏さんと
郷原さんによるものだった。
私も今回も(西松の折も)、
「検察はおかしい。かつての正義を体現していたような行動とは
 全く違う。低レベル化している。
 「大きな仕事」を(ムリをしてでも)「創り出したいだけ」のような
 印象を受ける」
という主旨を書いてきたから繰り返さない。

マスコミが「反小沢」あるいは「検察に媚を売る」体質化して
いる点は両側の出席者のほぼ共通した認識で、
特に新聞では讀賣新聞が偏向し過ぎの報道姿勢として
取り上げられていた。

特に興味深かった点が3つあったので特に記しておきたい。

【特に興味深かった点;その1】
一番注目されたのは、説明責任とか言うが、今や警察でさえ結構
マスコミに直接説明する時代にもかかわらず、
検察庁と(東京)警視庁のみが依然として
「テレビカメラを入れた会見が昔から全く拒否されてきている点」
に関する指摘、議論だ。
この点は元報道局のジャーナリストも、
「われわれマスコミも追及(要求)が足りない」と反省していたし、
田原氏も「マスコミが だらしがない」と批判していた。
検察擁護派の元・地検の若狭 勝氏でさえ、
「確かにその点は、地検も開示していったほうがよいと思う。
 裁判員制度が始まり、その選出された民間裁判員(出席者)
 たちが会見を開くなど、あり方が変わって来ているし、
 検察の中にも会見に肯定的な人も結構いるから、
 今後はそういう方向に行くのではないか」
と言っていたくらいだった。

【特に興味深かった点;その2】
今回の検察批判側である郷原信郎氏(元東京地検検事)、
擁護側である高井康行氏(弁護士、元東京高検検事)と
若狭勝氏(弁護士、元東京地検特捜部副部長)の3人が、
検察の今回の手法やその正当性をめぐる評価の点で、
前者と後2者が見解が異なるのは当然としても、
小沢氏を含めて、あるいはそこに至らないことを含めての
今後の「収束状況予想」については、3人が
それぞれ微妙に違う見解を述べていた(意見が分かれていた)
のが面白かった。
要するに「同じ元検察庁検事」でも、いかに今回の状況や
「終結状態の予想」に関して見解が異なるか、ということだ。
それ自体が今回の検察の行動の「不自然さ」を見事に
物語っているように思えた。

【特に興味深かった点;その3】
平野貞夫(元参議院議員)は昔から小沢氏とは仲が良い人
だったそうだが、そのエピソードをいくつか紹介していて、
そのいずれもが、
「むしろ小沢氏は「妙なカネ」は受け取るな」とする点で
 自分にだけでなく同僚にも厳しい人だった」
という点を述べていた点。
それも複数の具体的な例を具体的な時期にも言及して述べていた
ので、印象としては「創っている」という感じはなく、
たぶん本当なのだろうな、という印象を受けた。
もちろん「話半分で聞く」としても。

« Aスタジオ 絶対サユリスト | トップページ | ミューズは求める人にいつでも微笑む     「リーベ」 臼木あいさんファンクラブがスタート »

ブログ HomePage

Amazon DVD

Amazon 本

最近のコメント

最近のトラックバック