« 東京五輪招致;驚愕のプレゼンボッタクられ代 | トップページ | 幸田浩子さん「あなたの優しい声が」 イタリア&フランス・オペラ・アリア集 »

2009年12月11日 (金)

公務員宿舎~税金のムダ使いシリーズ①

先日の事業仕分けでも「叩かれた」公務員住宅。
確かに「公務員さまさま状況」だ。
家賃は3万円前後。高いものでもせいぜい8万円前後。
いずれも実市場の5分の1から8分の1くらいの値段。

例えば、東京・銀座から車で約15分ほど、東京都江東区
東雲(しののめ)の「公務員宿舎東雲住宅(仮称)」。
高級住宅街として知られるこの地域に高さ115メートル、
36階建ての高層マンションが11年に完成予定なのだ。
事業費は141億円で、総戸数は900戸。
内訳は1K500戸、1DK150戸、3LDK250戸。
オートロックで駐車場や集会室もあり、近所には
大規模ショッピングセンターや公園がある。
周辺のマンションの3LDKの家賃は「25-30万円」だが、
予定では、3LDKで約4万4000円、
1DKで約1万9000円、1Kは約1万3000円となりそう
とのこ。
また、住宅に隣接する空き地には、出先機関を集約した
10階建ての合同宿舎の建設が予定されており、
通勤時間数分という公務員も出てくる可能性がある。

これらは、小泉純一郎政権時代に、地価の高い都心の
公務員宿舎を売却し、郊外の国有地に高層宿舎を
建てて住居を集約することで利益を出そうとして
始まった事業の一環という。
それがいつのまにか高級住宅となり、各地で同様の
宿舎建設が進んでいる。

以下は参考URL
http://www.web-pbi.com/whereabouts/index_Jhouse.htm#2
http://www.web-pbi.com/whereabouts/index_Jhouse.htm

東雲(しののめ)
http://www.geocities.jp/tax_tower/facility.htm

« 東京五輪招致;驚愕のプレゼンボッタクられ代 | トップページ | 幸田浩子さん「あなたの優しい声が」 イタリア&フランス・オペラ・アリア集 »

ブログ HomePage

Amazon DVD

Amazon 本

最近のコメント

最近のトラックバック