« 外務省;海外勤務職員の在勤手当~税金のムダ使いシリーズ② | トップページ | 小田和正さん「クリスマスの約束」2009 »

2009年12月26日 (土)

政治家 カネ 税金 墓穴

政治家の、特に首相クラスの辞任というと、昔の吉田茂の
「バカヤロー解散」とか、宇野なにがしの女性スキャンダルは
やや例外的で、ロッキード事件の贈収賄がらみに代表される
ように、利権がらみの汚職、脱税等々、カネがらみでの
それが多いのが戦後の日本の特徴でもある。

鳩山総理の「おぼっちゃま」さ加減にも呆れる。
確かに、贈収賄等の、一部特定者の利権の係わる不当な
ものというわけではない。
刑事事件性のあるカネではない、あるいは私欲のカネ扱い
ではない、という点は確かにそのとおりだろうが、
しかし、親子間であれ、税法等の法令を無視した処理が
許されるわけでは当然ないこともまた事実だ。
そして、政治とは、究極に言えば、税の公平で効率的な
分配、投資ということに収斂されると言えなくもない。
だからこそ、天下りや利権導入に象徴される、利己的な、
一部の特定者の税金のムダ使い、「自分のふところに入れる」
在り様が批判されるのだし、先般の事業仕分けだって、
それを排除して、不正がないだけでなく、合理的で効率的な
配分、運用を行おう、とする主旨のものに他ならいはずだ。
しかも、一般国民は、源泉税に代表されるように、徹底的に
厳格に税金を徴収されているのだから、国民を代表して
政治を行う者は、まず誰よりも徹底的に税金に対して
キチンとしていなければならない。

どうして、普段から、政治家になろうと決めた瞬間から、
そうしたことに気をつけて対処して来なかったのだろう?
「金持ちほどケチ」というが、鳩山さんの場合は少し違う
のだろう。「金持ちだから、カネにずぼら」ということのよう
だが、税金に無頓着では政治家は務まらないと思うし、
自分のカネのキレイな処理を普段から気をつけて実行して
いない人に、「国民のカネの重さ」は最終的には理解できない
と想像できる。

そういう点では、今回の鳩山総理のカネ、税金に対する
感覚麻痺ともいうべき鈍感さは甘く対処されるべきではない。
脱税、という点では、相当「悪質」な状況と言わざるを得ない。

総理がポンポン変わる状態は、自民党時代の状況に国民は
飽き飽きしているので、避けられるにこしたことはない。
ただ、辞任に値する状況ではあると思う。

政権党は民主党でよい。自民党はもう「基本的に要らない」。
ただ、民主党は「次」を用意しておいても良いと思う。

« 外務省;海外勤務職員の在勤手当~税金のムダ使いシリーズ② | トップページ | 小田和正さん「クリスマスの約束」2009 »

ブログ HomePage

Amazon DVD

Amazon 本

最近のコメント

最近のトラックバック