« 歌劇「リナルド」 バッハ・コレギウム・ジャパン | トップページ | 東京五輪招致;驚愕のプレゼンボッタクられ代 »

2009年12月 8日 (火)

12月8日に

「ニイタカヤマ ノボレ」
この暗号打電による真珠湾攻撃から日本は太平洋戦争に突入
した。このパールハーバー攻撃を「成功だ」と叫んだ暗号が、
「トラ トラ トラ」 1941年12月8日。
その後、わずか4年たらずの終戦までの日本人の死者の概数は、
軍人(軍関係者)が 約230万人、
原爆、大空襲、沖縄戦などによる民間人は 約80万人。
合計 約310万人の命が失われていく地獄への入口だった。

もちろん、逆の立場として、日本軍は皇軍の名を振りかざして
大東亜(共栄圏)の名の下に、中国大陸、東南アジアに進出して、
そこで相当数の現地兵士と住民を殺戮している。
その数、総計、数十万単位と言われるが、きちんとした人数が
はじきだせないもどかしいさ(現地に対する失礼さ)に
忸怩(じくじ)たる思いもする。

私達は68年後の今日において、こうした事実について、
どれほど総括できているのだろうか?

« 歌劇「リナルド」 バッハ・コレギウム・ジャパン | トップページ | 東京五輪招致;驚愕のプレゼンボッタクられ代 »

ブログ HomePage

Amazon DVD

Amazon 本

最近のコメント

最近のトラックバック