« 流行語大賞選者のセンスの無さ | トップページ | もう一度「ドリスタン」のこと »

2009年12月15日 (火)

手続論の再整備に議論を絞るべし;軽々に「政治利用」という言葉は使うな

中国の次期国家主席と言われている 習 近平(シー・チンピン)
国家副主席と天皇陛下の会談について、その手続きが急なもので
あったころから、野党を中心に批判が起きている。

1.【手続き論に絞って今後再度、ルールを明確化すべき】
まず、羽毛田信吾 宮内庁長官が記者会見により、
「1ヶ月ルールに反しており、今後こうしたことは控えて欲しい」
旨の発言をしたことについて。

これは民主党の小沢一郎幹事長の反論が全面的に正しい。
(1)まず、憲法上、国事行為、外国要人との面会に関しての
 実施的な決定と責任は内閣に在るのであって、宮内庁の権限
 とは無縁のものだ。もちろん状況に応じて、
 「申請の時期が急で、陛下には予定が既に入っているので
  ムリなんですが」と、正当な事情、理由による反論は当然
 なされてよいが、
 「自分ら=宮内庁が外務省と協議いて決めたルールに従って
  もらわなければならぬ」というのは法論理的にも、
 「憲法より自分らの自主ルールが大事」と言っているに等しく、
 無理がある。
 「役人が作ったからって金科玉条で絶対だなんてのはおかしい」
 というのは正にそのとおりで、少なくとも国家レベルの、
 それも天皇陛下に関わること、そして小沢氏の言葉を
 待つまでもなく日本国憲法上、内閣と関わることなのに、
 「われわれ宮内庁が外務省と協議して「決めた」文書にもした」
 と言うが、誰が、どういう権限において決め、文書とはどの、
 すなわち法令的なレベルの意味合いとしてどういうレベルの
 ものなかのか?

 要するに、しょせん「内規」にすぎないのだから、宮内庁が
 「権威をもったルール」としておきたかったのなら、「内規」では
 なく、更に一段「公的」なレベルのものとしてオーソライズさせて
 おく必要があったのに、それをせず、これまでの自民党との
 「なあなあ」の感覚で新内閣にもの言おうとしたところに無理が
 あった。
 特に小沢氏のような「うるさがた」に対抗するには論理的、
 法的に隙の無い状況を完全に整備しておく必要があり、
 「論理的に固めておかなかったのは宮内庁の失態」と言える。
 そういう対応を行っていかないと、役人もこれまでのような
 自民党と同じように「なあなあ」で進めていけると
 「タカをくくっていたら大間違い」で、今後は絶対にそれでは
 進んでいかないだろう。

(2)次に、そもそも、そうした「内輪の議論、交渉、ケンカと
 言ってもよいような内情」を、宮内庁は政府に押し切られた
 からといって、
 「世論を味方に付けようと、役人が会見を開いて意見を述べる」
 こと自体も非常に問題であり、役所、役人として「越権行為」
 と言える。

(3)そのほかにも、例えば、
 「陛下の体調という点で宮内庁が言うのなら、
 優位性の低い行事はお休みになればいい」との
 小沢氏の発言も もっともなことで、自民党時代、
 陛下の公務を減らしたと聞いていたが、
 たいして減っていないことがそもそも問題だろう。

以上のように、とにかく、今後、これを教訓とするならば、
事務方としての宮内庁の言い分もあるだろうから、
1ヶ月ルールないし、それに類するルールが必要なら、
こうしたことでもめないよう、先述のとおり、宮内庁の「内規」
ではなく、さらに進めて内閣の是認をとりこんでオーソライズ
しておく必要がある。
このように、ルール化の、手続きの整備が必要と思われる。
議論をこの部分だけに絞って、今後の教訓とすればよい。


2.【簡単に「政治利用」という言葉を使うな】
今回、批判する側=攻撃する側の最大の「失敗」は、
「政治利用」という言葉を使ったことだ。そもそも、
「天皇を政治利用する、とは何か?」
この「政治利用」という言葉を持ち出すと、「モロ」憲法問題に
関わる大問題になってしまう。
すなわち、小沢氏が反論したとおりの「反論を許してしまう」
ことになるのだ。いわく、
「じゃ、他の(政治家と陛下の)面会もすべて「政治利用」に
 なってしまうではないか」、と。
少なくとも、
「ほかの例、場合と、今回とのそれはどう異なるのか?」
「ほかは「政治利用ではなく」て、今回のケースが
 「政治利用」という理由は何か?」
ということになってしまうからだ。

この線引きは、実際、
「とても難しい、相当デリケートな問題」、のはずである。
「線引きは難しい」以上、批判する側は「政治利用」などと言わず
あくまでも先述のとおり、「手続論」で戦う、批判すれば
よかったのに、と思う。だから、
「それこそ軽々に「政治利用」などというは言うな、
 そういう言葉は使うな」、と思う。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
小沢氏にも落ち度は1つある。
「天皇陛下も、「手違いで申請が遅れたかもしれないが、
 お会いしましょう」、と必ずおっしゃると思う」
との発言は不要、余計な発言だった。
そもそも陛下のお気持ちを推測して言及すること自体、
礼儀を欠いているし、むしろこの発言こそ、
「陛下が「発言されたかもしれない」お言葉を「利用して」、
 今回の行為を正当化しようとしているように見える」、
という意味で、「今回、一番、政治利用的だった」と
言えるかもしれない。
ただ、これは小沢氏の勇み足ということで収まる範囲とも
言える。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
中国ももっと早く前もって面会希望を日本に伝えておくべき
だった。このへんの事情は知らないが、
「あの「したたかな」中国らしからぬ失態」と言えば失態と
言えるだろう。
でも、頭の良い国民国家だから、今回でこれで「学習」
したに違いない。

« 流行語大賞選者のセンスの無さ | トップページ | もう一度「ドリスタン」のこと »

ブログ HomePage

Amazon DVD

Amazon 本

最近のコメント

最近のトラックバック