« 新国立劇場 歌劇「ヴォツェック」 衝撃の体験 | トップページ | IFRSに関する法的問題を含む現状について »

2009年11月24日 (火)

りっくんランドは有料に&飛行機エコノミークラスは当たり前の話

24日の事業仕分けのやりとりを見ていての感想を2点。

1つ;「りっくんランド」(名前がちょっと「おとぼけ」すぎ)という
 陸上自衛隊広報センターの展示場入館料金が無料という問題。
 先日、事業仕分けに先立つ、蓮舫議員の現地視察のニュースを
 見ていて、「有料でも十分人は来るよ」と思った。
 無料にして税金で補う必要など全く不要。
 私は興味ないが、友人知人で興味ある人は結構いる。
 500円はむろん、1000円でもほとんど変わらず集客
 できると思う。

もう1つ;役人の飛行機による出張でビジネスクラスが使われて
 いる点。
 JICA=国際協力機構(外務省所管の独立行政法人)関係
 では、青年海外協力隊とNGO関係者が海外にいくときは
 エコノミー、
 機構、財団の役職員と現地視察の専門家はビジネスクラス、
 理事長と副理事長はファーストクラスを使用している、という。
 格安チケットを求めるでもなく全て正規料金。
 JICAと偉ぶった役人、官僚の権威主義とはイメージ的に
 ギャップがある。相容れない感じがして、ちょっと幻滅。
 緒方貞子理事長って、もっと立派な人のイメージがあったが、
 ちょっとイメージダウンだな。大した人じゃなかったな。
 仕分け人いわく、
 「今どき、民間では(出張で)ビジネスクラスを使っている会社
  なんか1つもありませんよ。エコノミー、それも格安チケット
  で行くのが当たり前。お役人だってそれで十分でしょ!!」
 
 このシーンを見た国民は間違いなく100人中100人が
 仕分け人に同意、賛同する。当たり前。税金だし。
 当たり前すぎて話にならない。
 自分のカネ、自腹で行っているなら文句を言うこともない
 わけだが。
 「役人の傲慢で怠慢な税金ドロボー無駄使い、ここに極まれり」
 というところ。

« 新国立劇場 歌劇「ヴォツェック」 衝撃の体験 | トップページ | IFRSに関する法的問題を含む現状について »

ブログ HomePage

Amazon DVD

Amazon 本

最近のコメント

最近のトラックバック