2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

Amazon CD

  • :
  • :
  • :
  • :
  • :
  • :
  • :
  • :
  • :
  • :
  • :
  • :
  • :
  • :
  • :
  • :
  • :
  • :
  • :
  • :
  • :
  • :
  • :
  • :
  • :
無料ブログはココログ

« ネットの効用 福田衣里子議員VS週刊現代 | トップページ | 日本航空の問題に関する所感 公的資金導入なら年金減額は当然 »

2009年11月18日 (水)

オバマ大統領2題;①VSマッカーサー? ②VS中国言論統制

オバマさん2題;その1; VSマッカーサー?
オバマ大統領来日の際、天皇皇后両陛下に対する
「握手&おじぎ」が「米国内で」波紋を呼んでいる、という。
要するに、「謝罪外交のようでみっともない」、
「低姿勢すぎて不適切」等々、とのこと。

もちろん、日本では波紋など「呼んでいない」。
強いて言えば、「オバマさん、礼儀正しいじゃん」と感心する
声くらいだろう。そう、私も率直に感心した、というか、
「立派な人だなあ。アジアで暮らした経験がある人ならでは
 だろう。確かにこれまでのアメリカ合衆国大統領には
 全くいなかったタイプの人だ」、と、
あたらめて驚いたしだい。
たぶん同様の感想をもたれた日本人は多いだろう。

「握手とおじぎ」というのは、確かに「かたち的」には
ヘンなのかもしれないが、深深と礼をする、
こうべを垂れる人に対して悪い感情を抱く人は誰もいない。
それに日本には昔からこういう言葉もある。
  「実るほど こうべを垂れる稲穂かな」
多くのアメリカ人には「わっかんないだろうなあ」。

アメリカはそもそも「謝ったら負け」というような、
「バカじゃないか、と思うような思想」のはびこる国。
「そんな偉そうな精神構造だから、金融恐慌発信源
 として「大不況という迷惑ウィルス」をばらまく」のだ。

オバマ大統領の態度と180度真逆として思い浮かべるには、
終戦直後、昭和天皇とならんで撮ったダグラス・マッカーサーの
あの「偉そうな写真」。
両手を腰に、という(ポケットに手を入れていないだけまだマシの)
非礼な態度を写したあの写真だ。
まるで今度のオバマさんの「最敬礼」は、かつてのマッカーサーの
非礼を詫びているようだ、とは、さすがに「うがちすぎ」だろう
けれども。


オバマさん2題;その2; VS中国の言論統制
中国訪問。北京に先立って上海で、「ニーハオ」ではなく
上海語の「ノーホー」との挨拶で始まった、同国初の
外国大統領と市民対話の試み。
20年前、いや、10年前の中国でさえ考えられなかった企画だ。
もっとも、大統領が中国におけるネットに対する検閲を念頭に
置いて、
「米国でも私に対する批判は多数ネット等で出されている。
 それでも、平等の権利、人々の意思を体現する国家、
 情報への自由なアクセスと法に基づく統治が大切」
という主旨の発言をしたのだったが、
国営新華社通信が国内に伝える際は、その部分は
「ザックリ、ものの見事に削除された」らしい。
「中国内の言論統制、自由な思想の封じ込め策は健在なり」
というところか。

« ネットの効用 福田衣里子議員VS週刊現代 | トップページ | 日本航空の問題に関する所感 公的資金導入なら年金減額は当然 »

ブログ HomePage

Amazon DVD

Amazon 本

最近のコメント

最近のトラックバック