« 川口マーン惠美著 「証言・フルトヴェングラーかカラヤンか」 | トップページ | バカ男と美人女優 »

2009年8月 6日 (木)

アメリカの土下座外交か? 有効な戦略か?

2名の同胞記者の救出とはいえ、「逆指名」を受けるがまま
クリントン元大統領が訪朝し、2名とともに帰国した。
ちょっと驚いた。ひと昔前だったら、アメリカがそういう行動を
とることは絶対に考えられなかった。
今回の米国の行動を「弱腰外交」と呼ぶか、
「実に巧妙にして<平和的>にして戦略的な外交」と呼ぶか
については、もう少し後で無いと判断できないように思う。

« 川口マーン惠美著 「証言・フルトヴェングラーかカラヤンか」 | トップページ | バカ男と美人女優 »

ブログ HomePage

Amazon DVD

Amazon 本

最近のコメント

最近のトラックバック