« 伝統の継承 尾崎好美選手 見事な力走 | トップページ | TEAS’TEA 美味しい味 »

2009年8月24日 (月)

晴れ晴れとした笑顔と握手 高校野球決勝戦

夏の高校野球、甲子園大会の決勝戦。
新潟県で初の決勝進出の日本文理高校と歴史ある強豪、
中京大中京高校の試合は、8回裏が終わって10対4、と
ほぼ中京に決まりかけた感があったのだが、最終回に
日本文理が猛追。それも二死(ツーアウト)から実に5点を
加えて、10対9まで追い上げ、まだ塁に走者を置いての
最後の攻撃はサードライナーで終わり、中京高校が7度目の
といっても1966年以来43年ぶりの優勝を飾った。

試合が終わり、いつもどおり両選手がホームベスをはさんで
集合し、主審がゲームセットを宣した直後、これも恒例の
というか、当然のマナーとして両チームが、各人、それぞれ
ちょうど向き合った相手選手と握手してベンチに戻るのだが、
その握手の際、中京高校だけでなく、日本文理高校の各選手も
とても晴れやかな笑顔で互いの健闘を讃えるシーンが映った。
ちょっと見たらどちらが優勝校か判らないほど、両チームが皆、
すがすがしい晴れやかな笑顔で、肩などを叩きあいながら
讃え合う姿がとても印象的だった。

日本文理高校にしては、あと1点で同点という悔しさは当然ある
にしても、不甲斐ない内容ではない、やれるだけのことをやった
という満足感、互いの切磋琢磨、健闘を讃え合う気持ちが自然と
沸いた、込みあげたのだろうと想像する。
実際、どちらが勝者でも有り得たし、日本文理高校も優勝チーム
と、ほとんど同じ価値を持って帰郷できると想える素晴らしい内容
だった。
特別、高校野球のファンというわけではないが、こうした熱戦、
すがすがしいシーンを見ると、やはり気持ちが洗われる思いが
する。

« 伝統の継承 尾崎好美選手 見事な力走 | トップページ | TEAS’TEA 美味しい味 »

ブログ HomePage

Amazon DVD

Amazon 本

最近のコメント

最近のトラックバック