« 脱稿 謝意 | トップページ | 株主総会 入門 その④ 招集通知を作る ⅰ狭義と広義 それぞれの概要 »

2009年6月29日 (月)

象徴的な選挙結果 横須賀市長選挙

横須賀市長選挙で、33歳の市議会議員、吉田雄人氏が
当選した。
地元の小泉純一郎氏をはじめ、自民党、公明党のみならず、
民主党までも相乗りしての推薦を受けた現職者を押さえての
勝利。
近々に控えている衆議院議員選挙では、民主党が自民党に
勝つことはほぼ間違いないが、しかし、その衆院選は、決して
「民主党こそ新時代の担い手、というような安易な構図なんか
 では決してない」、ということを、
この市長選の結果は見事に象徴していると思う。

確かに「自民党はもうダメだから民主党に」、という要素は
あるが、それだけではない、いや、
「本質はそういうことではない」、と思う。
要するに、「何かヘン。これまでの状況じゃダメ」ということに
対する苛立ちであり、変革期待であり、「アンチ・テーゼ」で
ある、と思える。

具体的に挙げよう。
①横須賀市長は、1973年以来、自治省出身者が37年間在職を
 つなげてきた、いわば実質的に「自治省役人の天下り先」
 だったわけで、まず、これに対する「ノー」、すなわち、
 「役人天国、役人・官僚政治に対するノー」ということ。
②自民党と公明党という政権与党に対するアレルギーの
 症例に加え、今回の前市長=現職だった市長に対して、
 「おいおい、民主党まで相乗りの推薦かよ?、ということに
 対するノー」。
 ここがポイントで、民主党優勢なのは、対自民という構図の
 中で、現状他に大きな対抗勢力が無いから、という、いわば
 「消去法による選択」にすぎず、このような「相乗り推薦」
 という奇妙な状況となれば、これに対する明白な拒否、
 「既存政党に対するノー」という有権者の心象が明白に
 カタチとして表れる、と思えるし、実際に表れたと言える。
③若い人への期待
 このところ、各地で30代の首長が続々誕生しているが、
 「経験値は無くとも、これまでの人間ではない、若い人の
 発想と行動に賭けてみよう、とする意思の表れ」。

もちろん、吉田氏の人気、早大大学院在学中に市議に当選し、
ここ数年、駅前街頭演説を1000回を超える回数を行ってきた、
という、地道で誠実な行動が、こうした状況、有権者の心象に
加わり、支持を倍加させての当選、ということだろう。

あれほどの人気を誇った小泉純一郎氏の「お膝元」での敗北に
より、自民党の凋落は決定的と言ってよいが、
民主党も今回の吉田氏の当選の意味を真摯に考えなくては
ならならい、と思う。

« 脱稿 謝意 | トップページ | 株主総会 入門 その④ 招集通知を作る ⅰ狭義と広義 それぞれの概要 »

ブログ HomePage

Amazon DVD

Amazon 本

最近のコメント

最近のトラックバック