« やらない言い訳をしないby瀬谷ルミ子さん | トップページ | 痴漢冤罪に思う;いっそ車両を男女完全に分けたらどうか? »

2009年4月22日 (水)

これは完全に特別背任罪だな

先日、経営破綻した商工ローン大手のSFCG(旧商工ファンド)
に対し東京地裁は破産手続きの開始を決定したが、破産管財人は
SFCGが2月に民事再生法の適用を申請する直前、2600億円
以上の財産が外部に流出していたと指摘し、民事再生法違反に
当たる可能性があるとして、旧経営陣に対して刑事告訴も
あり得る、とコメントした。

なんでも、SFCGは昨年11月以降、貸出債権を中心とする
1420億円の資産を大島健伸会長の親族企業などに譲渡し、
さらに、破綻が迫った今年1-2月には子会社株式など、
1238億円の資産も譲渡し、破綻時においては、なんと、
「事業遂行に必要な財産が何一つない抜け殻状態」、
だったというから、呆れ、驚く。

この関係も含め、財産譲渡の対価が不当に安かった点も加え、
特別背任罪が成立する可能性が強まったと言える。
また、利益がないのに違法な配当をした疑いもあるそうで、
これでは上場企業、大企業、社会の公器とはとても言えない。
ただの「カネ儲けマシーン」。

« やらない言い訳をしないby瀬谷ルミ子さん | トップページ | 痴漢冤罪に思う;いっそ車両を男女完全に分けたらどうか? »

ブログ HomePage

Amazon DVD

Amazon 本

最近のコメント

最近のトラックバック