« NHKトップランナー 綾瀬はるかさん | トップページ | 稲森いずみさんの軌跡 »

2009年4月12日 (日)

ヘルマン・ヘッセとブラームス イメージをイメージする

ウィルヘルム・フルトヴェングラーは、1954年6月5日付で
ヘルマン・ヘッセ宛に次のような手紙を書いている。

「お手紙を頂戴し、このうえもない幸せを感じております。
 私どものコンサートにご来駕いただけるかもしれないと考えて、
 演奏旅行でしばしば演奏しておりましたブラームスの名を
 プログラムからはずしたことは、当然の措置でございます。
 (中略)
 お目にかかる折りこそありませんでしたが、もう長いこと
 私は心からあなたを敬慕してやまないものの1人です。」

ヘッセはブラームスをあまり好んではいなかったため、きたる
演奏会に、ヘッセが来場することを知ったフルトヴェングラーが、
かねてより尊敬していたヘッセにこうした手紙を送付している
のが興味深い。

ヘッセの、あの内向的で詩的で緻密な文体からは、ブラームス
にも似た、あるいはブラームスに共通するかのような情感や
作風を感じるのだが、これはどうやら私の勝手なイメージに
すぎないようだ。
それでも、ヘッセでは、多くの美しい詩のほか、
あの「ペーター・カーメンチント」(邦訳=「郷愁」)の、
特に冒頭の雄大でロマンチックな情感とか、「デミアン」の
もつ内的な不思議なパワーとかは、ブラームスの、例えば
第4交響曲の深い霧や森に起ちこめる秋の静寂さ、あるいは、
第2交響曲の、どこまでものどかで内省的な美しい田園スケッチ、
第3交響曲の内鬱な佇まいの中に秘めた熱いエネルギーなど
にも通じるようにも思えてならない。

ヘッセは絵もよく描いていたが、その素朴なタッチからも
彼の作風は、ワーグナーのような、偉大ではあるが、
ドロドロとした劇的な「毒」に満ちた作風とは随分異なるように
思えるが、もっとも、人間は「自分に無いものに憧れる」という
面もあるので、ヘッセが意識しようとしまいと、彼の興味は
自分とは随分異なるところで創作していったワーグナーの
魔力的なエネルギーにこそ、より関心や嗜好が有ったのかも
しれない。

« NHKトップランナー 綾瀬はるかさん | トップページ | 稲森いずみさんの軌跡 »

ブログ HomePage

Amazon DVD

Amazon 本

最近のコメント

最近のトラックバック