« 金賢姫さんという「鏡」と「球」をどう受け止めるか? | トップページ | 迎撃の練習をしてみたらどうか? »

2009年3月13日 (金)

もう一度、アランさんご一家のことについて

埼玉県蕨市在住のカルデロン・アラン・クルズさんご一家に
対して、最後通牒が突き付けられ、本日、のり子さん1人を
残して、ご夫妻がフィリピンに戻る、というか日本から強制
退去させられることが決定した。

ご夫婦がフィリピンを離れた事情は知らない。
しかし、入国の方法は確かに違法ではあったものの、
我が国内ではご夫妻は真面目に働き、納税もしていた。
日本が嫌いだったら、とっくに出ていったろうけれども、
そうしなかったのは、日本での生活にそれなりに溶け込んで
来ていたからだろうと想像でする。
お子さんが生まれて中学生にまで成長したこんにち、
日本での生活に馴染んできている人達=ご家族に対して、
こうした決定をしたことは、はたして日本として本当に
良かったのかどうか?という疑問はやはり残る。

せめてもの救いは、蕨市議会が一家での在留を求める意見書
を決議したことだ。国内の、公的な組織、立場の人達の中で
そうした応援する人々がいた事実は我が国民として多少は
気持ちが和らぐが、それにしても残念な結果ではあると思う。
政府は少なくとも、ご夫妻が帰国後、フィリピンにおいて、
「逮捕」とか、なんらかの罰則的、差別的な待遇を受けないように
交渉しておくことは、最低限やってもらいたいものだ。

« 金賢姫さんという「鏡」と「球」をどう受け止めるか? | トップページ | 迎撃の練習をしてみたらどうか? »

ブログ HomePage

Amazon DVD

Amazon 本

最近のコメント

最近のトラックバック