« もう一度、アランさんご一家のことについて | トップページ | 幸田浩子さん ティータイムコンサートin越谷 »

2009年3月13日 (金)

迎撃の練習をしてみたらどうか?

北朝鮮が4月に「試験通信衛星」を打つ、としている件。
「テポドン」などの軍事ミサイルの発射練習ではないか?との
疑念が出ているし、その可能性はあると思う。
北朝鮮は「撃ち落とすようなことがあれば、即戦争入りだ」と
喚(わめ)いているようだが、日本の上空を通過するわけだから
少なくとも日本の領海内に落ちてくるようなことがあったら、
自衛隊法に基づき、即座に迎撃する態勢だけは敷いておく
べきだと思う。

飢餓状態が近づきつつある北朝鮮に、「即戦争」などという
「仕掛け」をしてくることはまず無いと思う。
自衛隊は、ソマリア沖の海賊退治に行っているヒマがあったら、
「呑気な航空ショー」なんてやっているヒマがあったら、
タモガミさんとかいうおっさんが、あれほどまでに
「日本はスゴイ国なんだ」と息巻いているヒマがあったら、
本当にどれほど凄いのかを見せて欲しいものだ。
見事迎撃でもしてくれたら、多少はその「能力」を認めよう。

« もう一度、アランさんご一家のことについて | トップページ | 幸田浩子さん ティータイムコンサートin越谷 »

ブログ HomePage

Amazon DVD

Amazon 本

最近のコメント

最近のトラックバック