« 世界から ; 2題 | トップページ | 無意味な「永山基準」;死刑でも軽すぎる »

2009年2月17日 (火)

世界へ ; カッコ良かった村上春樹さん

作家の村上春樹さんが、イスラエルの文学賞「エルサレム賞」
を受賞し、授賞式出席のため同地を訪れ、受賞スピーチを英語で
行った。
パレスチナ自治区ガザへの爆撃のことがあり、氏の周辺では
出席への反対(辞退あるいは受賞しても出席はしないことを
進言する)声もあったとのことで、何よりも自身もどうするか
迷ったが、「作家は「だんまり」よりも、来て、見て、ここで語る
ことを選んだ」、としての出席だった。

戦争を生むシステムや組織的な力、攻撃などを「壁」に例え、
それに対して、弱い人間を「卵」に例え、
「自分は常に「卵」の立場に立つ」、と、今回のイスラエルに
よるガザ攻撃を堂々と批判した。
いくら同国内で人気のある作家とはいえ、やはり現地で
そう「宣言」することは相当勇気のいることだろう。
でも、氏はそれを選んだ。それこそ、「人間」を常に思考の対象
とする作家としての信念というべきだろう。
男としても実にカッコ良かった。
中川昭一センセイは村上氏のツメの垢でも煎じて飲んで、
酔いを醒ましたらどうか?

« 世界から ; 2題 | トップページ | 無意味な「永山基準」;死刑でも軽すぎる »

ブログ HomePage

Amazon DVD

Amazon 本

最近のコメント

最近のトラックバック