« NHKプレミアム10 手塚治虫 漫画、音楽そして人生 | トップページ | 日本経済新聞や一部の自民党議員の論調が少し変わってきた »

2009年1月30日 (金)

かんぽの宿 1万円なら皆んな買う

お粗末な川柳風の標題としたが、お粗末なのは、またしても
政財界とりわけ旧態然たる役所仕事の典型とも言えそうな、
「かんぽ」売却をめぐる騒動だ。

70施設を総額100億円の「格安」で売却予定、特に既に
モノによってはナント、1万円で「売却」された、という、
「はあ?・・・」と誰もが唖然とする「おシゴトぶり」もある
ようで、鳩山邦夫総務省の激怒と「ちょっと待った」は、
100%指示する。
なぜか民営化議論に深くかかわった宮内義彦会長を擁する
企業であるオリックスグループが「落札した」というのも、
鳩山大臣でなくとも、なんとも「釈然としない感じ」がする。
真相の徹底究明と、今後の「健全で常識的な整理」を強く
望むのは私だけではないだろう。

もう少し「しょうもない」川柳を
「かんぽ(の)宿 定額給付(金)で 僕も買い」
「かんぽ(の)宿 定額給付(金)で 釣(銭)が来る」

« NHKプレミアム10 手塚治虫 漫画、音楽そして人生 | トップページ | 日本経済新聞や一部の自民党議員の論調が少し変わってきた »

ブログ HomePage

Amazon DVD

Amazon 本

最近のコメント

最近のトラックバック