« 第52回NHKニューイヤーオペラコンサート 2008 | トップページ | 世界の歌曲・民謡シリーズその4 「What is the youth? Impetuous fire?」 »

2009年1月 4日 (日)

幾つかのインタビュー、幾つかの言葉から

以下は複数のテレビ番組で放送された発言。

自民党の片山虎之助さん
「そもそも非正規社員が全労働者の3分の1なんていう
 こと自体(状態)が、おかしい」

民主党の藤井裕久さん
「小泉政権の雇用政策の失敗。労働者派遣法をどんどん
 改悪して来た。高橋是清は、「失業者を出すということは
 政治家の犯罪」と言っている」

黒鉄ヒロシさん
「日本の社会は以前はもっと温かさがあった。
 天災のときは自衛隊出動や緊急措置、緊急援助を政府が
 やるが、人災のときは何もしないのか?」

街頭インタビューの声より
ドイツにて;
 「アメリカ型資本主義の暴走の結末がこれだ。
  金儲け第一主義で行くなら、今年も良い年にならない」

アイスランドにて;
 「アメリカは傲欲になり過ぎた。もう米国主導の経済は
  終わった」
 「グローバリズムは間違いだった。新自由主義の終焉ね」

日本にて;
 「アメリカが全てではない。価値観の再構築が必要」
 「アメリカ一国主義はもう終わり。これからは各国が協力、
  協調して新しい世界を創っていく時代に入った」

« 第52回NHKニューイヤーオペラコンサート 2008 | トップページ | 世界の歌曲・民謡シリーズその4 「What is the youth? Impetuous fire?」 »

ブログ HomePage

Amazon DVD

Amazon 本

最近のコメント

最近のトラックバック