« 映画 「青い鳥」 強いメッセージ | トップページ | 3億円事件から40年 »

2008年12月21日 (日)

イデオロギーを超えて  問われているものは生存権

ジャーナリストの大谷昭宏氏が、
「季節労働者はサンタクロースだけで十分」、と、派遣制度を
批判している。正社員時代に戻すべきだ、と。そうだと思う。

少し前の時代なら、「平等」的なことを言う人がいたら、
「資本主義者たち」はこう冷やかした。
「サヨークッ(左翼=共産主義者め)」、と。
さすがにこの時代、こういう状況下では、そのような
「時代錯誤者」はいないし、もしそういう論調が出たら、
私がというより、多くの人はこう言えばよい。
「イデオロギーなんかに興味無いね」、と。

そもそも、「資本主義」などと言うけれど、人々は本来的には
「主義=イズム」のために生きているわけではない。
「資本主義」という言葉は、よく考えてみると妙な言葉で、
いわゆるそうしたシステムは一種の「状況」あるいは「形態」
にすぎないのであって、別に「資本主義」のために我々は
生活しているわけでもなければ、いわんや、その言葉や、その
状況自体に人生観やら、信念などを置いて生きているわけでは
ない。
歴史の積み重ねにおいて、「資本主義といわれるような状態、
一定の仕組みらしきものが生じてきたにすぎない」。
それが現実社会として存在しいていて、そこに生活している
に「すぎない」と言えなくもないのだ、と思う。


さて、話が飛んだので(大仰になったので)戻すと、
こんにちの状況下において、一番言ってはいけないことは
「自己責任(論)」だ。
もはや、そういう段階ではない。

実際、これを置いた日の翌日、22日の日本経済新聞で、
社会的にはエリートと言ってよい立場の、元(旧)厚生省
OBで、現・日本コープ共済生活協同組合連合会会長の
矢野朝水(やの ともみ)氏はこう言っている。

「非正規社員になるのは本人の努力不足だと言う人も
 いますが、私は構造的な問題だと思います。
 この問題は社会全体で取り組むべきです。
 経営者はもちろん、労働組合にも責任はあります。
 労働組合は大半が正社員から構成されているので、
 非正規雇用者の待遇改善のことに本気で取り組んで
 いるとは思えませんね。
 以前の経営者は、社会全体を考える視野がありました。
 社会保険料の企業負担にしても、労働力の再生産という
 形でいずれはプラスになると考えました。
 変わったのはここ10年くらい前からです。
 今は自分の会社のことばかり考え、1円でも負担が
 増えるのは嫌だ、と主張しています」


新卒者の内定取り消し問題も深刻化している。
何よりも、直接そうなっていない若い人達にも大きな不安や
動揺を与えているのがマズイ。
確かに、企業としても、米国金融危機に端を発したこの不況
のスピードに狼狽し、会社を守らねば、とする姿勢をむやみに
否定はできないから、難しい問題だ。

だが、1つ事例を挙げるなら、社名はもちろん伏せるが、
好況を前提に、多数、大学生を内定し、その後、企業環境が
悪化したので、そのまま入社させれば、その年度は赤い字に
転落することが明白だったにもかかわらず、内定取り消しは
せずに、キチンとそのまま入社させ、よって予想どおり、
その年度は赤字になったものの、株主にキチンと説明し、
翌年にはほぼ赤字を解消するまでに至った企業を、
私は知っている。
しかも、その社長は大変若く、したがって大企業の「お偉い」
社長族からみたら、社長とはいえ当然社会経験は少ない
にもかかわらず、そうした判断をし、キチンと軌道修正しつつ
ある、立派な経営者を私は知っている。

だから、そのような若い、立派な姿勢を通した経営者に比べ
たら、今、「不況になったから」と、問答無用に内定取り消し
をしている大手の経営者など、よほど「甘ちゃん」に見える
のだ。企業の長たる者は、責任をもって処すべきである。


「強欲資本主義 ウォール街の自爆」(文春新書)で、有名に
なった、神谷秀樹(みたに ひでき)氏は、

「人によってはまだ、「アメリカの金融システムは間違えを
 起こしたが、じきに修正する、復活する」、という人も
 いますが、復活はしません。
 これまでのアメリカの金融システムは、今や完全に死んだ
 のです。だから、新たな取り組み、新たな発想、
 責任あるシステムの確立が重要なのです」

という主旨の発言をしている。
ウォール街に長年身を置いた人の言葉だけに重みがある。

一部の人だけが大儲けをして、多くの他者を排除する思想は
もはや終わった、死んだ、と考えたほうがよい。
社会主義思想だとか、どうとかではなく、より多くの人が、
少なくとも不安を抱くことが少ない社会でなければ、
今、恵まれた人々であっても、今後も継続して、真に恵まれた
生活や人生を送れるとは限らないのだ、という観点に立脚した
解決策を考えていく必要があると思う。

« 映画 「青い鳥」 強いメッセージ | トップページ | 3億円事件から40年 »

ブログ HomePage

Amazon DVD

Amazon 本

最近のコメント

最近のトラックバック