« アメリカの資本主義を考える その1;自動車業界 | トップページ | 近所の通りで拝見した皇后陛下 »

2008年12月13日 (土)

グランプリファイナル,イン韓国 真央さん、 おめでとう!

今の女子フィギュアスケート界で、人気実力とも二分する、
宿命のライバルともいえるのが浅田真央さんと韓国の
キム・ヨナであることは疑いようもない。
キム・ヨナさんはそのスタイルの良さはアジア人離れして
いるし、完成度の高い技術は確かに歴史的にみても屈指の
スケーターだと思う。
真央さんはだいぶ大人っぽくなってきたので、ちゃん付けは
そろそろやめないと失礼だから、ここでは「さん」としたい。
どちらも母国での人気は凄く、真央さんもCMにいくつか
出ているが、キム・ヨナさんも韓国では10本くらいのCMに
高いギャラで出ているようだ。
国民性の違いもあって、韓国でのヨナさんは、大スターと
いうような扱い。

グランプリ・ファイナルとしては韓国初の開催で、同国の
大スターがライバルと事実上の一騎打ち、とあらば、同国に
おけるフィーバーは想像がつく。
しかし、この熱狂的応援はヨナさんに大きなプレッシャーを
掛けてしまった。
ショートプログラムでは僅差の1位スタートながら、
素人目には真央さんのほうが余裕があり素敵だった。
そういえば、ドビュッシーの「月の光」を使った演技というのは
今まで記憶が無い。エレガントでファンタジー溢れる素敵な
ショートの演技だった。

そして本日のフリー。
真央さんが「仮面舞踏会」、ヨナさんが「シェラザード」。
真央さんは1つ転倒はあったものの、トリプルアクセルの
「1試合2つ演技」が、女子フィギュア史上初めて認定されたし、
そのほかも素敵な内容だった。
これに対し、キム・ヨナさんは2つのミス。
最初の1回転になってしまったジャンプは昨日のショートと
同じミスで、これだけなら勝敗の行方は微妙だったが、
2回目は正に彼女としては痛恨のミス=転倒で、点数が
出る前から「真央さん勝利」は誰もが予想できた。

それにしても、同じ年に日本と韓国という隣国に生まれた
2人が、今後何年も、女子フュギュアスケート界を牽引して
いくことは間違いない。
良きライバルがいることは2人にとっても幸いなことなの
だろうと想像する。

追記
後日知ったが、真央さんは1回のジャンプミスで約4ポイント
減点、ヨナさんは2回の失敗で約9ポイント減点。
したがって、単純計算では5ポント差のはずだが、
実際は約2ポントの差での真央さんの勝利、という。
言いかえれば、ヨナさんは転倒が1回だけなら勝っていた
わけで、実際、ジャンプ以外の項目別評価では、ヨナさん
が全ての項目で真央さんを上回っていた、という。
したがって、専門家による真央さんお今後の課題は、
スピード感ある流れと、大人っぽい表現力の幅の増大、
ということのようだ。そこに磨きをかけないと、
ジャンプのみの頼りではまだまだ女王とは言えないと
いうことのようだ。
別件だが、韓国では、真央さんやミキティ、中野さんらも
人気があり、こういう市民レベルでのファン化、心理的
交流、というものは大切にしたいものだ。

« アメリカの資本主義を考える その1;自動車業界 | トップページ | 近所の通りで拝見した皇后陛下 »

ブログ HomePage

Amazon DVD

Amazon 本

最近のコメント

最近のトラックバック