« FAF管弦楽団+ソニー・フィルハーモニック合唱団によるヴェルディ「レクイエム」 | トップページ | 須賀川市立第一中学校 柔道部暴行傷害事件を許すな »

2008年11月11日 (火)

頑張れ!京浜ホテル!(ガイアの夜明け より)

リーマンがどうなろうと知らないが、余波による、本来的には
無関係であったはずの人達、特に日本のそうした企業や
店舗のかたがたに「無責任余波」が及ぶことは、同じ
日本人として応援したい気持に誰でもなるだろう。

品川駅老舗の「京浜ホテル」が、リーマンが買い取って
オーナになっていた関係で、10月31日をもって
一方的に閉鎖、従業員を全員解雇、という措置がとられ、
波紋を広げていている。
この日の「ガイアの夜明け」では京浜産業の小林社長と、
従業員の皆さんの交渉の様子がルポされていた。

せめてもの救いは、11月に入っても営業しているテナント
の飲食店に、以前のまま多くのお客さんが入り、その
お客さん達も従業員の皆さんに、「頑張れよ!」、
「応援しているから」、と声をかけている姿だ。

日本の銀行も米国金融業者を援助しているカネとヒマが
あるのなら、こういう我が国同胞の老舗従業員を支援する
ことに金を出したほうが、よほど、「本当の意味で」、
そして「長い目で見た場合」日本人顧客から信頼される
銀行になるだろうに。それはまさしくイコール、日本の
バンクとしても、本当の意味での勝利者になれるハズだと
思うが、いかがか?
9,500億円を米国金融界に差し出す銀行さん、
あなたが「本当に支援すべき対象、人々」はどこにいるのか?
ということを、もう少し考えませんか?
あなたの利用者&株主としての一言、と思っていただいてOK
です。

« FAF管弦楽団+ソニー・フィルハーモニック合唱団によるヴェルディ「レクイエム」 | トップページ | 須賀川市立第一中学校 柔道部暴行傷害事件を許すな »

ブログ HomePage

Amazon DVD

Amazon 本

最近のコメント

最近のトラックバック