« 映画「櫻の園」 2008年リメイク作品 | トップページ | 東京国際女子マラソン継続を望む »

2008年11月16日 (日)

Jポップスシリーズその12 「思秋期」

岩崎宏美さんは、ほぼ同世代なので、彼女のデビュー時から
注目はしてきている。
「聖母(マドンナ)たちのララバイ」も印象深かったが、
阿久悠作詞、三木たかし作曲のこの「思秋期」は、
女性に限らず、いわば少女、少年期から、女性、青年期に
移る、その「うつろい」の哀愁感、寂寥感が、詩にも旋律にも
出ていて印象的な歌だ。
いささかセンチメンタルに過ぎると言われようと、むしろ
こうした心情を経験していない人には、心に深く刻印された
道のりというものなど一度も踏まずに歩いて来たのでは
ないか、と答えておこう。

« 映画「櫻の園」 2008年リメイク作品 | トップページ | 東京国際女子マラソン継続を望む »

ブログ HomePage

Amazon DVD

Amazon 本

最近のコメント

最近のトラックバック